ページの本文へ

Hitachi

ビッグデータ×AI(人工知能)

‐お知らせ‐
AIを活用した画像認識の容易な導入・運用により、
製造業における外観検査業務の高度化・省力化を可能にする
「Hitachi Visual Inspection Application」などを販売開始

2020年2月6日
株式会社日立製作所

‐お知らせ‐
AIを活用した画像認識の容易な導入・運用により、
製造業における外観検査業務の高度化・省力化を可能にする
「Hitachi Visual Inspection Application」などを販売開始

株式会社日立製作所(以下、日立)は、このたび、AIを活用した画像認識の容易な導入・運用により、製造業における製品や部品などの外観検査業務を高度化・省力化する「Hitachi Visual Inspection Application (外観検査アプリケーション)」(以下、外観検査アプリケーション)を2月6日から販売開始します。本アプリケーションは、日立がこれまでお客さまとの協創により蓄積してきたノウハウを活用し、画像認識に必要なAI判定モデルの再学習機能、データの前処理、解析結果を表示するユーザーインタフェースまで基本的な機能をまとめて提供するものです。クラウド上での稼働も可能なほか、お客さまの検査環境に応じた柔軟なカスタマイズにも対応できます。また、AI判定モデルを利用し検査を行う「Hitachi Visual Inspection Software Package(外観検査ソフトウェアパッケージ)」、お客さま業務に応じた高精度なAI判定モデルの生成と業務適用時の検査精度を事前検証する「Hitachi AI Technology/ディープラーニング目視検査代替サービス」をあわせて提供します。
これらにより、お客さまは、標準的なAI判定モデルでの対応が難しい特殊品に対しても、日立独自のディープラーニング技術を基に高精度な判定モデルを作成し、幅広い製品・部品にも対応できる高度な外観検査環境を容易に導入し業務に活用することが可能となり、人手不足の解消や生産性の向上を実現できます。

昨今、製造業においては、人手不足の解消や匠の技の伝承などさまざまな課題解決に向け、ディープラーニングを基にしたAIの活用が進展しています。特に、製品の多様化により複雑化する生産ラインの検査工程では、AIによる画像認識を活用することで省力化を図る取り組みが活発化しており、迅速なPoC*環境の構築、実際の検査環境にあわせた容易な適用や柔軟なカスタマイズを可能とするソリューションが求められています。

*
PoC(Proof of Concept): 概念実証

このような背景を受け、画像認識に必要なAI技術や機能をまとめて提供し、迅速かつ容易な適用を可能にする「外観検査アプリケーション」と、AI判定モデルを用いて検査を行う「Hitachi Visual Inspection Software Package(外観検査ソフトウェアパッケージ)」、お客さまの画像データを学習した高精度なAI判定モデルの生成と事前検証を支援する「Hitachi AI Technology/ディープラーニング目視検査代替サービス」の提供を開始します。
日立は、今後も、画像認識におけるディープラーニング技術のさらなる強化や、SaaS型メニューの拡充など提供形態の多様化を行うことで、より多くのニーズに応え、お客さまの業務効率向上を支援していきます。

今回の発表における具体的な特長は、下記の通りです。

特長

Hitachi Visual Inspection Application(外観検査アプリケーション)

生産ラインでの撮像設定、画像データ前処理、AIによる解析結果を表示するユーザーインタフェース、画像データの再学習などが基本機能として搭載されたアプリケーションです。検査物に応じたデータの前処理やAI判定モデルの切り替え、多言語対応など、検査環境の導入・運用時における柔軟なカスタマイズが可能です。これにより、AIを活用した画像による外観検査環境の容易かつ迅速な導入が可能になるとともに、導入後すぐに業務適用することができます。なお、AI判定モデルは、今回同時に販売開始されるソフトウェアパッケージやサービスで提供されるAI判定モデル以外のAI判定モデルを利用することも可能です。

Hitachi Visual Inspection Software Package(外観検査ソフトウェアパッケージ)

本ソフトウェアパッケージは、外観検査アプリケーションと連動し、検査対象物に最適化されたAI判定モデルに従って画像解析を行います。日立が独自に研究、蓄積した画像処理技術とディープラーニング技術を活用することで、お客さまにおいて異常と判定する画像データが少ない場合や未知の事象による不良発生においても判定を行うことが可能です。また、AI判定モデルは、継続した利用や学習の繰り返しにより、さらに高精度な外観検査が可能になります。

Hitachi AI Technology/ディープラーニング目視検査代替サービス

多様な製造物ごとに最適なAI判定モデルを作成し、業務適用時の検査精度を事前検証するサービスです。日立がこれまで蓄積してきた多数の実施検証から得られたノウハウと、日立独自のディープラーニング技術を活用し、これまで判定モデルの作成が難しかった特殊品についても高精度な判定モデルを作成することができます(特許出願中:2020年2月現在)。これにより、お客さまの外観検査業務へのAIの導入検討を支援します。

サービス/アプリケーション/ソフトウェアパッケージ概要図

図1:サービス/アプリケーション/ソフトウェアパッケージ概要図

価格および提供開始時期

価格および提供開始時期の一覧
  サービス名・商品名 概要 価格 提供開始日
詳細情報 Hitachi Visual Inspection Application
(外観検査アプリケーション)
生産ラインの撮影設定、画像データの前処理、解析結果の表示ユーザーインタフェース、AIの再学習などの基本機能を搭載したソフトウェア。 400万円/年(*) 4月1日〜
詳細情報 Hitachi Visual Inspection Software Package
(外観検査ソフトウェアパッケージ)
外観検査アプリケーションと連動し、AI判定モデルを用いて画像判定を行うソフトウェア。 400万円/年(*)
詳細情報 Hitachi AI Technology/
ディープラーニング目視検査代替サービス
AI判定モデルを作成し、検査精度を事前検証するサービス。 個別見積
*
製造1ラインに対するご参考価格です。条件によって異なります。

参照ウェブサイト

Hitachi Visual Inspection Application(外観検査アプリケーション)および、
Hitachi Visual Inspection Software Package(外観検査ソフトウェアパッケージ)および
Hitachi AI Technology/ディープラーニング目視検査代替サービスのウェブサイト:

第4回 AI・人工知能EXPO【春】での紹介について

本アプリケーションなどは、2020年4月1日(水)〜3日(金)に、東京ビッグサイト(南展示棟)で開催される「第4回 AI・人工知能EXPO【春】」の日立ブース内で、ご覧いただけます。

以上