ページの本文へ

Hitachi

ビッグデータ×AI(人工知能)

-お知らせ-AIを活用し販促シナリオの設計を自動化する「マーケティングオートメーションサービス」を提供開始

継続的かつ効果的なOne to Oneマーケティングを実現

2017年10月31日
株式会社日立製作所

- お知らせ -
AIを活用し販促シナリオの設計を自動化する
「マーケティングオートメーションサービス」を提供開始

継続的かつ効果的なOne to Oneマーケティングを実現

株式会社日立製作所(以下、日立)は、このたび、小売・流通業や消費財メーカーなどに向け、AI(人工知能)を活用し販促シナリオの設計などを自動化する「マーケティングオートメーションサービス」を10月31日から提供開始します。本サービスは、売り上げなどのKPI*1を最大化する販促シナリオの設計、施策の実施結果の評価および改善までのマーケティングプロセスを、日立のAIを活用し自動化するサービスです。これにより、マーケティングにおける人材、時間、コストなどの課題解決を支援し、継続的かつ効果的なOne to Oneマーケティングを実現します。

*1
KPI: Key Performance Indicator (重要業績評価指標)

近年、ライフスタイルや価値観の多様化により、小売・流通業などを中心に、消費者ひとり一人にあわせたOne to Oneマーケティングの取組みが活発化しており、これを可能にするプロセスをITで自動化・効率化するマーケティングオートメーションツールへの期待が高まっています。しかし、消費者情報や購買履歴、商品情報などの膨大なデータを十分に分析し、売り上げや利益向上につながる販促シナリオを設計するための高度なノウハウやスキルをもったマーケターの不足や、商材の多品種化、季節、トレンドに応じた販促シナリオの最適化が困難であることなどから、十分にツールを活用できず、効果的なOne to Oneマーケティングにつながらないといった課題があります。

今回、日立が提供する「マーケティングオートメーションサービス」は、売り上げや利益といったKPIを、消費者情報や購買行動履歴などの膨大なデータをもとに日立のAIで分析し、重要なKPIに影響を与える効果的な販促シナリオを自動的に設計します。これにより、商品の入れ替えや季節・トレンドなどの外部環境の変化に対応するとともに、過去に提案した販促シナリオの効果を学習することで継続的に販促シナリオを改善することができ、KPIの向上に貢献します。

日立は今後、本サービスと商品発注システムなどとの連携をすすめ、小売・流通業や消費財メーカーのバリューチェーン全体での最適化を支援していくほか、複数企業間でのマーケティング活動や商品供給の最適化にも貢献していきます。また、IoTプラットフォーム「Lumada(ルマーダ)」のソリューションコアとして幅広く展開し、企業のデジタル化による新たなビジネス価値創出に貢献していきます。

販促シナリオの実施結果を自動学習

KPI:Key Performance Indicator(重要業績評価指標)
KGI:Key Goal Indicator(重要目標達成指標)

図1 本サービスの概要

本サービスのユースケース
ECサイトの対前年比売り上げ・粗利ともに4%〜5%向上

某小売業において実施した本サービスのPoC*2では、AIを活用して導き出した販促シナリオを活用し、対前年比で売り上げ・粗利ともに4%〜5%向上するという高い効果を生み出しました。この成果を踏まえ、現在適用範囲拡大に向けての評価を進めています。本PoCの詳細については、下記サイトでご紹介しております。

*2
PoC:Proof of Concept(概念実証)

本サービスの価格と提供開始時期

本サービスの価格と提供開始時期
  名称 概要 価格(税別) 提供開始時期
詳細情報 マーケティングオートメーションサービス KPI設定、環境準備、アウトプット定義、運用サイクルの定義などを実施する初期設定サービスと、施策提案書・レコメンドリストと効果検証のレポートを週次で提供する定期利用サービスを提供 個別見積 10月31日

「Hitachi Social Innovation Forum 2017 Tokyo」での出展

本サービスは、日立が2017年11月1日(水)〜2日(木)に、東京国際フォーラムで開催する「Hitachi Social Innovation Forum 2017 Tokyo」において、紹介いたします。

「マーケティングオートメーションサービス」に関するホームページ

商標注記

その他記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社日立製作所 サービスプラットフォーム事業本部 IoT・クラウドサービス事業部

以上