ページの本文へ

Hitachi

ビッグデータ×AI(人工知能)

データ利活用トライアルサービス

データ利活用による施策の立案・実行で、業務目的が達成できるかどうか確かめてみませんか。

データ利活用トライアルサービスの目的

変化の激しさが増える市場環境で競争力を高めるためには、施策立案を絶えず行う必要があり、また、データ活用による検証をしたいものです。しかし、現状を分析するデータはあっても、既存のシステム環境では定型的な分析しか行えず、適切なKPIも設定できないといったお悩みはないでしょうか。そこで、本サービスでは、施策立案につながるKPIをデータで見える化し、施策立案の効果を短期間(最長3か月)で確認できるようお客様を支援いたします。

データ利活用トライアルサービスとは、施策立案につながるKPIをデータで見える化し、施策立案の効果を短期間で確認できるイメージ

データ利活用トライアルサービスの概要

データ利活用トライアルサービスとは、短い期間で実現したいこととその効果を確かめることができるサービスです。基本サービスの概要は以下の通りです。

基本サービスの概要
要求定義ファシリテーション
  • 3か月サイクルで取り組めるデータ分析のテーマと達成目標(KPI)の計画を策定します。
  • 上記の計画を達成するために必要なデータ分析基盤のアーキテクチャを提案します。
最長3か月間、500万円〜*1
データ見える化 分析トライアル可能な弊社の評価環境を活用し、お客様の実データの投入から、様々な条件でデータをレポートするまでの作業をご支援します。
*1
価格は作業内容次第で変動しますので、見積もり前のアセスメントにてご提案いたします。

データ利活用トライアルサービスの詳細

データ利活用トライアルサービスの進め方は、「要求定義ファシリテーション」と「データ見える化」を最長3か月間、繰り返し、データ活用の効果を確認いたします。

データ利活用トライアルサービスの詳細

データ利活用トライアルサービスの効果

データ利活用トライアルサービスでは、データ利活用で実現したい内容を、実業務に特化した形で確認できます。それでは、項番1の実証事例について簡単にご紹介しましょう。

データ利活用トライアルサービスの効果

データ利活用トライアルサービスの関連商品/サービス

データ利活用トライアルサービス(項番1)の実証事例の詳しい資料も公開しています。

ダウンロードページへ

ダウンロードの際は、事前に日立ID会員サービス、Hitachi IT Platform Magazineメールに登録する必要があります。