ページの本文へ

Hitachi

ビッグデータ×AI(人工知能)

Hitachi AI Technology/倉庫業務効率化サービス

AIを活用して倉庫業務を効率化

Hitachi AI Technology/倉庫業務効率化サービスは、従来、人手で経験と勘に頼っていた倉庫業務の効率化において日立のAI(人工知能)を活用することで、各種の情報の分析、学習にもとづく施策をご提案するサービスです。

主に流通、物流業の倉庫業務において、倉庫内のデータや作業実績、さらにはサプライチェーン全体の情報を「Hitachi AI Technology/H」で分析、学習し、業務効率を継続的に改善します。本サービスの提供により、刻々と変化する事業環境にも対応した業務効率化を実現するとともに、生産性向上や働き方改革を支援します。

特長

生産性向上の施策の立案にAIを活用

Eコマースの伸張により、商品を配送する拠点である物流倉庫の重要性はますます増大しています。物流倉庫内の商品ピッキング作業は人手集約型であり、その業務効率は、お客さま(企業)の最終目標である経営指標(KGI)の達成に必要な中間目標の指標(KPI)です。
日立は、倉庫業務の効率向上の施策立案に人工知能(AI)を活用、倉庫内のデータや作業実績、さらにはサプライチェーン全体の情報を日立の人工知能「Hitachi AI Technology/H」で分析、学習し、業務効率を継続的に改善します。

AIを活用して物流倉庫内の商品配置を改善

物流倉庫内の業務効率向上のために、商品ピッキング作業指示や倉庫内の商品配置指示などの改善が日々行われています。商品ピッキング作業は、商品の入れ替えや、商品受注状況(例えば季節・トレンド・商品組み合わせなど)の変化により影響をうけ、作業順序や商品の配置状況にも依存して、総作業コスト・作業効率が変動します。
AIを活用した商品配置プランの作成では、最新のデータと、過去の商品配置プラン、作業実績の分析、学習から、作業効率の向上が期待される商品配置プランを立案し、商品配置の作業リストなどの施策として提示することができます。これを繰り返すことで、継続的な業務の改善を図ります。

AIを活用して物流倉庫内の商品配置を改善

ご提供価格

Hitachi AI Technology/倉庫業務効率化サービスの価格
  名称 概要 価格
詳細情報 Hitachi AI Technology/倉庫業務効率化サービス Hitachi AI Technology/倉庫業務効率化サービスは、従来、人手で経験と勘に頼っていた倉庫業務の効率化においてAIを活用することで、各種の情報の分析、学習にもとづく施策をご提案するサービスです。 個別見積
*
要件に応じた個別見積もり