ページの本文へ

Hitachi

Pentaho

政府機関

運用を合理化、コストを削減、透明性を実現

不正行為や無駄の検出、サイバーテロからの防御、データセンターや基幹業務アプリケーションとの連結管理、および際限のない政府機関の近代化などのプレッシャーに耐え抜くため、主要な機関は米国Pentaho社と提携しています。

対話形式のデモ

Pentahoを利用して過去13年にわたりシカゴの犯罪行為を監視している事例をベースとした対話形式のデモをご覧ください。犯罪がどこでどのように発生しているのかを把握し、犯罪防止に役立てています。デモはこちら。

より優れた意思決定をすばやく安価に実行

Pentahoのビジネスアナリティクスは、ドラッグ&ドロップ形式のビジュアルなデータ統合ツールと総合データディスカバリツール(データの可視化、インタラクティブなレポート、ダッシュボード、そして予測分析)を密に組み合わせています。オープンソースの伝統と簡単に組み込み可能なアーキテクチャにより、Hadoop、NoSQL、および分析データベースをネイティブにサポートするあらゆるデータタイプまたはデータソースをサポートしています。

サブスクリプションモデルにより、先行投資を減らし、専門開発スタッフあるいはSDK(Software Development Kit)への依存度を減らすなど、総所有コストを確実に引き下げることができます。Pentahoを使うと、既に使用中のBI(ビジネス・インテリジェンス)、ETL、およびJavaベースの開発リソースを活用できます。

セルフサービスやリアルタイム分析により、業務を合理化し透明性を生み出すことで以下が可能に

  • 政府機関における業務の非効率性を削減し、成長の機会を見いだす
  • リアルタイムの意思決定および業務での情報活用を改善する
  • 不正行為、および悪用を減らす

ビジュアルなデータ統合と強力な予測分析でビッグデータをフル活用することで以下が可能に

  • ソーシャルメディアデータなどの非構造化データを発見して調査する
  • 自動化されたアルゴリズムおよび機械学習により「人間の意思決定」をサポートして補強する
  • 予測機能を利用して機関の任務の成果を改善する
  • 新しいビジネスモデルやクラウドでの行政サービスなどを展開する