ページの本文へ

Hitachi

Pentaho

IoTアナリティクス

IoT(Internet of Things)が現実社会に浸透してくるにつれて、センサーデータ、M2M(マシンツーマシン)データ、およびネットワークデータは、分析においてますます重要な役割を果たすことが予想されています。しかし、これらを活用するにあたっては、データ量や種類、予測可能なモデリングに関して非常に多くの課題があります。Pentahoを活用すると、オペレーションデータと基幹系システム(SoR)のデータとのブレンドが可能。分析を最も必要としているステークホルダーに高度な分析を提供します。

IoT(Internet of Things)

データサプライチェーンを効率化し、合理的な運用を促進

Pentahoを活用すると、ビッグデータ環境でマシンやセンサーデータの統合、変換、オーケストレーションができるだけでなく、ビッグデータを従来の情報システムのデータとブレンドできます。

  • ビッグデータアーキテクチャにあるマシンやセンサーのデータを、メッセージングサービス、Web API、およびデータファイルから収集し処理
  • 半構造化データセットおよび非構造化データセットを準備、モデリング、探索
  • 主要なHadoopディストリビューション、NoSQLデータストア、および分析データベースへネイティブに接続
  • マシンやセンサーのデータを、データウェアハウス、エンタープライズアプリケーション、ソーシャルメディアなどのデータとブレンド
  • 強力な機械学習およびデータマイニングツールを使用して、機器やデバイスで意味を持つパターンを発見
  • データサイエンスパックを使用することで、Rモデルと機械学習機能をデータ統合ワークフローの一環として運用可能

データ統合の詳細については、こちらをご覧ください。

データアセットを収益化し、顧客に可視性を提供

Pentahoの総合的な分析ソリューションにより、企業は顧客やパートナーに対して、既存のアプリケーションやビジネスプロセスでそのまま使える機器やデバイスの情報を提供できます。

  • 強力かつ効果的な可視化、インタラクティブなレポート、アドホック分析、内部ユーザー向けにカスタマイズされたダッシュボードを搭載、さらにアプリケーションやポータルへの組み込みも可能
  • 柔軟にカスタマイズ可能なWebベースのユーザーインターフェイスにより、組み込み先のアプリケーションのブランディングや見た目に合わせることが可能
  • RESTfulなどの業界標準API上に構築される100% Javaプラットフォームにより、あらゆるWebアプリケーションと簡単に統合
  • セキュリティ、認証、およびシングルサイオンなどのフレームワークと統合、さらにマルチテナントデプロイのための柔軟な機能も提供