ページの本文へ

Hitachi

Pentaho

クラウドビジネスアナリティクス

データやアナリティクス関連のプロジェクトを手掛けるにあたり、社内でハードウェアを調達して保守する必要のない、柔軟性に優れスケーラブルでかつコスト効率も高いクラウドの活用を検討する企業が増えています。ビッグデータやクラウドコンピューティングが普及するにつれ、オンプレミス型とホステッド型の両方の企業データから価値を引き出すことのできる、堅牢なプラットフォームが必要とされています。

クラウドビジネスアナリティクス

クラウドでのデータ統合と分析

いかなるデータソースからでも、システム、アプリケーション、組織といった枠を超えたデータのブレンディング、オーケストレーションおよび分析を可能にする非常に柔軟なプラットフォームを提供します。

  • Amazon Web Services (AWS)やMicrosoft Azureを含むさまざまなパブリッククラウドやプライベートクラウドプロバイダー上で実行可能
  • スケールアウトアーキテクチャを活用してデータ統合と分析のワークロードを多数のクラウドサーバーに分散可能
  • オンプレミスシステムをクラウドのデータに接続し、クラウドベースのさまざまなデータソースのブレンドが可能
  • Amazon Redshiftおよびホステッド型Hadoopディストリビューションを含むクラウドの中核ビッグデータソースに、シームレスに統合して分析可能
  • WebサービスやエンタープライズSaaSアプリケーションからデータにアクセスして変換可能

クラウド基盤上でのデータ統合と分析アーキテクチャ例

アプリケーションのクラウド対応

これまで受け継がれてきたオープンなアーキテクチャかつオープンスタンダードな技術を活用し、既存のエンタープライズアーキテクチャに対応できる、クラウドベースのアプリケーションへの組み込みに理想的なソリューションを提供します。

  • アプリケーションインフラの共有に対応する、柔軟なマルチテナント型デプロイ機能を搭載
  • エンタープライズ向けのセキュリティと認証機能の高度な統合を実現
  • アプリケーションの優れたルック&フィールを実現する、カスタマイズ可能な可視化およびユーザーインターフェイスのオプションを用意
  • データ統合とビジネスインテリジェンスサービスを柔軟に融合することで、処理能力の把握と正確な活用プランニングが可能

組み込みアナリティクスの詳細については、こちらをご覧ください。