ページの本文へ

Hitachi

Pentaho

顧客事例:オクラホマ大学地域医療学部

ロゴ:university-oklahoma-school-community-medicine

「治療対象となる患者を見極め、本当に必要な治療を提供できます。」

企業概要および事業内容
大学に拠点を置く地域医療センター

ビジネスの課題

  • Bedlam Longitudinal Clinic(タルサ市オクラホマ大学地域医療学部のメディカルプログラムの支部)のRon Saizow博士は、医療、看護、薬学、ソーシャルワークの学生による共同チームにパネルマネージメント(パネルデータ分析:同一個人・地域を継続的に分析する手法)を教えるためのフィードバックツールを必要としていました。
  • 特に学生は、効果のあった処置となかった処置を見極め、その結果を治療に取り入れるため、処置の効果をより詳しく分析したいと考えていました。
  • Bedlam Longitudinal Clinicには、糖尿病や高血圧症などの慢性疾患と診断された無保険の患者を治療する際に、教授や学生が経過を測定できるビジネス分析プラットフォームが必要でした。

Pentahoのソリューション

  • カスタマイズされたPentahoレポートを使用して、医学生は血糖値、血圧、コレステロール値など、慢性疾患の患者にとって重要な数値を確認しています。学生はレポートによって、特定の治療に患者がどのように反応したかを理解し、治療を調整できます。
  • Bedlam Longitudinal Clinicでは、Pentahoビジネスアナリティクスを活用して、糖尿病や高血圧症などの慢性疾患と診断された無保険者を担当する医学生がパネルマネージメントを学んでいます。

付加価値

  • 学生は、患者を直接診断することなく全患者群のデータを閲覧・分析でき、一貫した予防ケアを提供できます。この分析は、患者を治療目標に近づける改善に役立ちます。
  • Bedlam Longitudinal ClinicはPentahoによって、科学的根拠に基づいた治療方式を備えるようになり、より積極的な治療ができるようになりました。
  • 学生の共同チームは、より良い成果を出すために、外来受診の回数を増やすといった調整を提案できました。

なぜPentahoなのか

  • 治療効果重視の方針を提供
  • 明確で読みやすい正確なデータを提供

タグ

  • 教育、学習支援業,医療・福祉
  • ビジネスアナリティクス,データ統合,Pentahoサービス
  • カスタマー360度ビュー