ページの本文へ

Hitachi

Pentaho

顧客事例:Spreadshirt社

ロゴ:Spreadshirt

「Pentahoのプラットフォームによって、マーケティングキャンペーンの評価、傾向の把握、商品の販売・生産量予測が可能になりました。」

企業概要および事業内容
個人向けオーダーメイド衣料品の製造、購入、販売を行うためのグローバルeコマース・プラットフォーム

ビジネスの課題

  • Spreadshirt社には、同社のオープンソースIT環境に適合する機能を備えた分析システムが必要でした。
  • 急速に変化するインターネットビジネスでは、ビジネスユーザーにアドホック分析をリアルタイムに提供しながら、ITへの負担を軽減できるツールが必要でした。
  • データウェアハウスにはさまざまなシステムから生成されたデータがあるため、さまざまなデータタイプと大量のデータを統合できるETLツールが必要でした。

Pentahoのソリューション

  • Pentahoは、Ubuntuオペレーティングシステム上のGlassfishアプリケーションサーバーとMySQLデータベースを組み合わせた環境で稼働します。
  • Pentahoビジネスアナリティクスは、セルフサービスBIとして、アドホック分析とリアルタイムのレポーティングを提供します。
  • Pentahoデータ統合はETLツールとして使用します。

付加価値

大量データとパフォーマンスの高さ
プラットフォームから生成されたデータには全世界の650万件の受発注データが含まれます。データ量が急激に増加しましたが、Pentahoによってクエリのパフォーマンスが大幅に向上しました。
小売パートナー管理
営業担当者はPentahoを使って、小売パートナーに対して店舗レイアウトの最適化、プロモーション改善、売上増達成などの支援を行っています。
製品の最適化
製品マネージャーはPentahoを使って、既存製品の改善や、新製品導入計画の策定を実施しています。
マーケティング分析
マーケティング部門はPentahoを使って、キャンペーンやプロモーションの効果を分析しています。
レポーティングおよび事業用BI
財務部門はPentahoを使って、傾向を可視化し、生産管理の予測および生産能力計画を立てています。

なぜPentahoなのか

  • オープンソースで、TCO(総所有コスト)が低く、スケーラビリティが高いこと
  • 統合が容易であること
  • 包括的なアナリティクス機能であること
  • セルフサービスBIを実現でき、リアルタイムでのアドホック分析が可能であること

タグ

  • EMEA
  • 小売・製造業,ウェブ関連
  • ビジネスアナリティクス,データ統合,Pentahoサービス
  • 効率的なデータ精製