ページの本文へ

Hitachi

Pentaho

顧客事例:Sheetz社

ロゴ:Sheetz社

「Pentahoが手元にあれば、ビジネスユーザーはまさに自分がほしいものを自分自身で作ることができるようになります。」

企業概要および事業内容
米国最大手の小売・コンビニエンスストアチェーンの1つ

ビジネスの課題

  • Sheetz社は、レポーティングツールとしてのMicrosoft Access®やMicrosoft® Excelの使用を減らし、戦略報告を最小限に抑えられるソリューションを探していました。
  • IT部門において、レポートシステムは後回しにされていましたが、ビジネスユーザーもしばしば本当に必要なものが何か分からなかったのです。
  • Sheetz社は、全部門のユーザーが自前でレポーティングや分析ができるような、シンプルなレポート機能を必要としていました。

Pentahoのソリューション

  • 導入を進めやすくするために、Sheetz社はPentaho コンサルティングの長期契約を締結しました。Pentaho社のコンサルティングサービスが最上級である証として、Pentaho社のRodrigo HacesはSheetz 2011 IT Vendor of the Yearに選ばれました。
  • Pentahoビジネスアナリティクスのレポート機能は、Sheetz社では今や標準レポーティングツールです。PentahoはレポートのためにSheetz社の多くの本番システムに接続されており、チームはレポートの自動配信を行うことで、レポート配信に電子メールを使う頻度を極限まで削りました。
  • 多次元売上データをスライス&ダイスするというPentahoビジネスアナリティクスの分析能力をいかして、ビジネスユーザーは、レポート作成の前に分析ができるようになりました。
  • エンタープライズレベルでのデータ、およびレポーティング戦略に移行する取組みの中で、Sheetz社は共通のインフラストラクチャを実現するために、Teradata社とPentaho社両方のインフラストラクチャ、ツールおよびサポートを選びました。

付加価値

Pentahoと共に成長・拡大する自信
Sheetz社の当初の目標は、アドホックなレポート機能を小さく実装することだけでした。プロジェクトはすぐにうまくいき、ビジネスユーザーからの反応もよかったので、Sheetz社はプロジェクトの範囲を広げてPentahoアナリシスを導入しました。
高いスケーラビリティ
Pentahoビジネスアナリティクスは現在、Sheetz社で使用しているTeradata社のデータウェアハウスから2.1テラバイトのデータを分析しており、Sheetz社はこのおかげでデータストア量を増やし続けることができます。
よりよい決定をすばやく下せるようになり、会社の最終利益を増大
経理部長から保守部門まで、ビジネスユーザー全員が統一された視点でデータを見ることができます。
素早い価値創出
Sheetz社は3か月で最初のプロジェクトを完了し、毎年機能をアップグレードしています。
IT部門への依存を排除
全体として、マーケティング部門ではIT部門が毎週約7時間かけていたレポート作成の時間を削減しました。

なぜPentahoなのか

  • 強力なレポート・分析機能
  • プロフェッショナルサポート
  • 所有コストの低さ

タグ

  • 小売・製造業,サービス業,旅行・運輸業
  • ビジネスアナリティクス,データ統合
  • カスタマー360度ビュー