ページの本文へ

Hitachi

Pentaho

顧客事例:ProCapital社

ロゴ:ProCapital

「Pentahoを導入したことで、当社のセキュリティプラットフォームは充実度が増し、革新的な方法を取り込むことができるようになりました。」

企業概要および事業内容
業務工程アウトソーシング向けセキュリティサービス会社

ビジネスの課題

  • アナリティクスサービス・プラットフォームを通じて顧客がデータをより簡単かつ大規模に利用できるようにしたいと考えていました。
  • ProCapital社の情報システムからすべてのデータを一元化されたデータベースにまとめ、準備・整理し、すぐ使えるレポートとダッシュボードを自社にて作成する必要がありました。
  • リスク管理、法令義務、マーケティング活動などの領域については、オンデマンドにビジネス分析できるよう顧客にアクセスできる仕組みを作りたいと考えていました。

Pentahoのソリューション

  • 複数のツールで行っていた顧客の事務処理部門からのデータや未加工データフローの抽出・処理、さらに一般的なProCapital社のIT環境のデータ処理などを、統一プラットフォームの標準化されたETLタスクに置き換えます。
  • 顧客は統合されたデータマートで多様なデータを利用できます。
  • BIに特化したPentaho社のパートナーであるLinalis社によるサポートにより、アーキテクチャを考案し、導入を加速させ、さらにプラットフォームを最大限に活用します。

付加価値

  • 保守とトレーサビリティに関する生産性と品質が向上しました。Pentahoデータ統合の普遍的な処理技術により、誰でも同様で一貫したロジックを使うことができます。
  • Pentaho APIがあるおかげで、単一のProCapitalプラットフォームでビジネスアナリティクスが利用可能です。
  • 新しいビジネスアナリティクスサービスの作成、競合との差別化による優位性が確立できます。

なぜPentahoなのか

  • データ抽出から分析までの総合的・統一的ソリューション
  • 迅速な立ち上げ、シンプルでインタラクティブなユーザーインターフェイス、高度な可視化・分析機能
  • 特定機能を簡単に拡張・カスタマイズ可能なネイティブのオープンソースコンポーネント
  • 将来的にビッグデータを活用するための既製プラットフォーム
    • 過去のデータを日常の「いきた」データとブレンドし多様な分析を実施
    • 顧客のパターン、業務データのトレーサビリティ・法的目的、ITインフラストラクチャの健全性(サーバー、ルータなど)

タグ

  • EMEA
  • 金融・保険業,サービス業
  • ビジネスアナリティクス,データ統合,組み込みアナリティクス
  • 従来のデータ統合