ページの本文へ

Hitachi

Pentaho

顧客事例:Penton社

ロゴ:Penton

「PentahoとMelissa Dataの両者を活用した結果、エンジニアは1つの環境だけ理解すればよくなり、データロード以外のタスクに集中できるようになりました。」

企業概要および事業内容
データで事業を活性化し、ROI140%を達成

ビジネスの課題

  • デジタル変革の時代とあって、Penton社は新しい全社的な取り組みとしてCorporate Reportingを開始しました。Corporate ReportingはPenton社の持つさまざまなデジタル資産をすべて統合・ブレンドし、インパクトのあるまったく新しい製品を提供するためのものです。
  • その流れで開発されたツールの1つがFleetSeek™です。FleetSeekは、Penton社の運輸業界の顧客が売上やマーケティングの予算をより適切に設定できるよう支援するためのデータマイニングツールです。
  • 長い歴史を持つ会社ではよくあることですが、Penton社は企業買収のたびに取得した複数のデータベースを管理しようとしていました。それぞれ動作環境が異なり、データの保存形式も異なるものでした。
  • Penton社では、データベースクエリを発行する検索スクリプトを、データエンジニアチームが手作業で作成していました。人数を増やさずにチームの対応力を上げ、新製品をサポートするには、データ処理プラットフォームを自動化する必要がありました。

Pentahoのソリューションと付加価値

  • 週40時間余りの作業時間を減らし、約140%のROIを実現できました。
  • Penton社は、FleetSeekのデータベースに登録された会社について、保険契約や自動車事故など保険に関わるデータを含めることで、有用な知見を提供できるようになりました。
  • FleetSeekは米国運輸省が収集する最新のトラック輸送情報を使用しています。トラック輸送情報はおよそ150万レコードを持つデータベースで、レコード数は毎月20%ずつ増加しています。
  • Penton社は、将来的にはFleetSeekのような製品を他の業種向けに提供しようとしています。

なぜPentahoなのか

  • 手作業によるプログラミングやスクリプト作成を排除し、データのパイプラインプロセスを自動化
  • Penton社のさまざまなデジタル資産をすべて統合・ブレンドして、よりインパクトの強い新製品を開発
  • Melissa Data社との強固なパートナーシップによるデータ品質向上

タグ

  • 北米
  • メディア・エンターテイメント関連
  • データ統合