ページの本文へ

Hitachi

Pentaho

顧客事例:ロマリンダ大学ヘルスケア

ロゴ:ロマリンダ大学ヘルスケア

「ユーザーは、分析に煩わされることなく必要なものをすばやく簡単に入手できることを知っています。」

企業概要および事業内容
健康科学教育機関

ビジネスの課題

  • ロマリンダ大学は50万人以上の患者と600人の医師を抱えるヘルスケアセンターとして、分析ツールをMicrosoft® ExcelからOLAP分析ツールに更新することで、複数のデータソースの統合や分析をサポートし、患者やビジネス情報をより正確に把握する方法を探していました。

Pentahoのソリューション

  • Pentahoビジネスアナリティクス・エンタープライズエディション
  • SAP BusinessObjects、IBM Cognos、Jaspersoftなどの中からPentahoを選択
  • Microsoft® SQL Serverをインストール済みのWindows Server®
  • LDAP、Active Directoryとの統合

付加価値

高い成長性
Pentahoのオープンソースプラットフォームと優れた機能は、ロマリンダ大学の期待以上だっただけでなく、コストも削減しました。
自動化
集中管理された、セキュアで一貫した情報配信により、以前のMicrosoft® Excelベースのシステムと比較して人手による作業を大幅に削減しました。
コラボレーションの強化
信頼性が高くタイムリーでアクセス可能な情報を提供するPentahoの能力により、システムを利用する部署やユーザーが増えました。
データの透過性
より良いデータは、生産性の向上、収益サイクルの改善、事実に基づく意思決定だけでなく、大きな文化的シフトを生み出しています。

なぜPentahoなのか

  • オープンスタンダードのサポートと統合容易性
  • 所有コスト

タグ

  • 北米
  • 教育、学習支援業,医療・福祉
  • ビジネスアナリティクス,データ統合
  • カスタマー360度ビュー