ページの本文へ

Hitachi

Pentaho

顧客事例:INFORM社

ロゴ:Inform

「当社のお客さまは、リアルタイムに物的資源と人的資源を最適化することで、サービスレベルを改善しています。」

企業概要および事業内容
業務生産性を向上させるプロセス最適化ロジックソフトウェア

ビジネスの課題

  • INFORM社は、同社が提供する航空会社向けグランドハンドリング(航空機が空港で受ける到着および出発に伴う地上作業サービス)業務支援システムである、GroundStarに含まれるリアルタイム・ビジネスインテリジェンス・アプリケーション「GS BIS」を補完する組込み可能な分析プラットフォームを探していました。採用するプラットフォームの要件は、GroundStarスイートと容易に統合でき、GroundStarを使用するお客さまのさまざまなIT環境に適応できることでした。
  • その他、使いやすさ、データの可視化、カスタムレポート作成、分析機能、およびロールベースアクセス制御が必要でした。

Pentahoのソリューション

  • Pentaho社とのOEM契約
  • Pentahoのレポート機能(特にカスタムレポート作成機能)
  • あらかじめ定義されたKPIと特定プロセスの可視化機能が付いたPentahoダッシュボード

付加価値

現在30クライアントユーザーがPentahoビジネスアナリティクスをベースにしたGS BISを使用しており、次のような結果を出しています。

  • 透明性の高いデータによって、お客さまはサービス品質を保証できるようになりました。
  • ビジネスユーザーは、使いやすいダッシュボードとレポート機能によって、リアルタイムに詳細データへのドリルダウン分析ができるようになりました。時間の厳しいグランドハンドリング環境では、特に重要です。
  • データの可視化で、潜在的な新規のお客さまがGroundStarでどれだけコスト削減ができるかがわかるようになりました。その結果、INFORM社の営業活動にも役立っています。

なぜPentahoなのか

  • データ統合および既存システムへの組み込みが容易
  • 使いやすさ
  • リアルタイムのレポート機能
  • 優れたサポートとトレーニング

タグ

  • EMEA
  • サービス業,情報通信業
  • ビジネスアナリティクス,データ統合,組み込みアナリティクス
  • データの収益化