ページの本文へ

Hitachi

Pentaho

顧客事例:HTK社

ロゴ:HTK

「私たちのお客さまには、レポートが専門的かつ洗練されて見えることが重要なのです。」

企業概要および事業内容
デジタルマーケティング・カスタマーエクスペリエンス管理用クラウドソフトウェアのリーディングプロバイダー

ビジネスの課題

  • 従来、HTK社は大企業や公共部門を有力な顧客として抱えていますが、企業の99%が中小企業で占められる英国市場において、自社のCRMアプリケーションとインフラストラクチャを小規模な組織にも販売したいと考えていました。
  • HTK社は、SaaSアプリケーションを購入するマーケティングの専門家が重要視しているのは使いやすさだ、と理解していました。アプリケーションはセルフサービスで、高速にクエリを返すことができ、アドホックレポートも簡単に作成できるものでなければなりません。

Pentahoのソリューション

  • 社内でアプリケーションを開発するか、サードパーティのシステムを使うかを検討した結果、HTK社は、最新かつ組み込みしやすいソフトウェアプラットフォームである、Pentahoビジネスアナリティクスを選びました。
  • HTK社は、Pentahoの欧州プロフェッショナル・サービスグループと、ポルトガルのシステムインテグレーターであるXpand IT社の協力を得ながら、PentahoビジネスアナリティクスをHTK社のHorizon CRMに統合しました。
  • 開発構築作業は、100%アジャイル導入手法を用いて、計画、実行されました。

付加価値

  • HTK社は顧客データをほぼリアルタイムで同社のデータウェアハウスに移行できます。
  • iPadに表示されるきれいな3Dグラフによって、マーケティングの専門家に現場での重要な分析機能が提供されます。
  • 新しいオンラインアプリケーションは、高い可能性を持った英国の中小企業市場における新しい事業の基盤となっています。
  • Pentahoにより、HTK社は5週間で2バージョンのSaaSソフトウェアの統合レポートを提供できるようになりました。
  • 柔軟性の高いダッシュボードによって、マーケティングの専門家はキャンペーンの要件に応じて、マルチチャネルのデータをスライス&ダイスし、提示することができます。

なぜPentahoなのか

  • 実用的で組み込みがしやすく、かつ、包括的なソフトウェアプラットフォームであること
  • 大量の履歴データを短時間で分析する能力
  • 商用オープンソースソフトウェア(COSS)のライセンスモデルにより、コストと開発の面で有利
  • 専門性の高い、魅力的なデザインで、柔軟性が高くかつカスタマイズ可能なレポート作成機能をすぐに利用可能
  • 顧客データをHTK社のデータウェアハウスに移行するための抽出、変換、ロード(ETL)機能

スクリーンショット

タグ

  • EMEA
  • マーケティング,小売・製造業,情報通信業,ウェブ関連
  • ビジネスアナリティクス,データ統合,組み込みアナリティクス,Pentahoサービス
  • カスタマー360度ビュー