ページの本文へ

Hitachi

Pentaho

顧客事例:Hainbuch社

ロゴ:Hainbuch

「自社ERPとITシステムを接続できるのは素晴らしいことです。おかげで、KPIを効率的に管理できるようになりました。」

企業概要および事業内容
工作機械メーカー

ビジネスの課題

  • 業務部門は、より高速かつ効率的にレポート作成と分析ができ、データロードのプロセスを自動化できる、主要なBIソリューションを必要としていました。
  • 会社の主要業績評価指標(KPI)に簡単にアクセスできるようにする必要がありました。
  • 既存のERPソリューションやその他のITアプリケーションにも接続できるようにする必要がありました。

Pentahoのソリューション

  • Hainbuch社はVMWare® 5.5の仮想サーバーのCentOS 6 Linux®上でMySQLデータベースと連動し、Pentahoビジネスアナリティクスを稼働させています。
  • Hainbuch社はコミュニティエディションを試してから、さらに高い機能と使いやすさを求め、エンタープライズエディションへ移行しました。
  • Pentaho社のコンサルティングサービスで効率的で高品質な実装を実現できました。Pentaho社からはトレーニングのサービスも提供されました。

付加価値

  • 各部門は、プロダクトや国ごとの収益、プロダクトのコストベース、納期通りの納品など、KPIを理解するための知識にまとめてアクセスできるようになりました。
  • Hainbuch社の業務部門は毎日Pentahoを使って業務を行っています。標準化されたプロセスで、データは深夜にアップデートされ、ロードされます。
  • 部門内の3名が週・月単位で分析とレポート作成に取り組み、経営陣と営業に知見を提供します。必要に応じてカスタム分析も実施しています。
  • Pentaho社のコンサルティングサービスチームは、Pentahoダッシュボードを使用して、今後のプロジェクトに参画する同社のチームメンバーをトレーニング中です。

なぜPentahoなのか

  • 高速で使いやすいレポート作成・分析機能
  • 自動化されたETLプロセス
  • 幅広く接続できる能力

タグ

  • EMEA
  • 小売・製造業
  • ビジネスアナリティクス,データ統合
  • 従来のビジネスアナリティクス