ページの本文へ

Hitachi

Pentaho

顧客事例:goTransverse社

ロゴ:goTransverse

「Pentaho社のプラットフォームは、当社製品に組み込みアナリティクスをもたらし、社内業務を合理化して、顧客がデータによってより優れた意思決定ができる、エンドツーエンドの機能を与えてくれました。」

企業概要および事業内容
goTransverse社はスマートビジネス向けのインテリジェントな課金サービスを提供します。goTransverse社のTRACT®は、クラウドベースの柔軟な収益化および課金プラットフォームです。ほぼリアルタイムでの測定、評価、課金、プラットフォーム上での収益認識機能を提供することで、ワンタイム、サブスクリプション、従量制といった支払い方法の組み合わせを可能とし、収益化をサポートします。

ビジネスの課題

  • goTransverse社のTRACT®は、クラウドベースの柔軟な収益化および課金プラットフォームとして、関連するすべての使用状況データと収益データをITのサポートなしで収集する必要がありました。
  • 顧客が投資対効果を開示するために、分析をタイムリーに実行できるようにする必要がありました。
  • goTransverse社の将来性の高いビジネスモデルには、測定可能なものであれば何であろうと収益に結びつける能力が不可欠でした。
  • 一部の従業員しか価値ある情報にアクセスすることができませんでした。
  • データアクセスと信頼性により、生産的な運用が制限されていました。
  • 顧客はレポーティングや分析用に、増加し続けるサポートチケット(作業依頼)のログを採取しており、貴重な企業リソースを消費していました。
  • 毎月処理される数十億のトランザクションを管理する必要がありました。
  • 従来のシステムからデータを収集して手動でレポートを作成していたため、分析がタイムリーに届かず、未処理のリクエストが滞留していました。

Pentahoのソリューションと付加価値

  • データ統合と組み込み型のアナリティクスにPentahoを活用することで、レポート機能のパフォーマンスが向上し、データの適合性、一貫性、精度が改善されました。これは同社の課金アプリケーションを成功させるために不可欠なことでした。
  • 社内での活用率が300%増加しました。
  • レポーティングの顧客サポートチケットが17%減少しました。
  • TRACT®内のダッシュボードの表示が、以前より8〜10倍、速くなりました。

なぜPentahoなのか

  • データ統合機能による、データ準備時間の短縮
  • 既存のアーキテクチャとセキュリティ標準に適合する、オープンで組み込み可能なアナリティクス機能
  • 顧客にシームレスな体験を提供する能力

タグ

  • 北米
  • 情報通信業
  • ビジネスアナリティクス,データ統合,組み込みアナリティクス
  • カスタマー360度ビュー,データの収益化