ページの本文へ

Hitachi

Pentaho

顧客事例:edo Interactive社

ロゴ:edo Interactive

「Pentaho Analyzerのおかげで、有能なデータアナリストになれました。」

企業概要および事業内容
支払いと広告のベンチャー・スタートアップ企業

ビジネスの課題

  • edo Interactive社は、顧客データのリアルタイム分析を提供することで、クライアントがより的を絞った広告を出せるようにしたいと考えていました。
  • 毎日何百万件単位で増加する50億もの消費者取引のETLプロセスを管理するには、時間やコストがかかりすぎていました。
  • 既存の分析インフラストラクチャでは、SLAを満たすことができませんでした。

Pentahoのソリューション

  • Cloudera社のHadoopディストリビューション、Hive、HBaseで動作するPentahoビジネスアナリティクス
  • Pentahoデータ統合は、約5TB(またはそれ以上)の履歴データからデータを抽出、統合、分析するために使用
  • Pentaho社のSI(システムインテグレーター)パートナーであるOpenBI社が開発と実装を支援

付加価値

  • ITコストを削減、専門的なJavaプログラミングが不要
  • 顧客により良いサービスを提供するための分析機能の向上
  • ETLプロセス時間が27時間から8時間に短縮され、レポート作成や分析などの使いやすさが向上

なぜPentahoなのか

  • 競争力のある価格
  • リアルタイム解析機能
  • 技術的(IT)障壁の削減

タグ

  • 北米
  • 金融・保険業,マーケティング,小売・製造業,サービス業
  • ビジネスアナリティクス,データ統合,ビッグデータアナリティクス,Pentahoサービス
  • データの収益化