ページの本文へ

Hitachi

Pentaho

顧客事例:Cipal社

ロゴ:Cipal

「PentahoはAthena BIを仕様、時間、予算どおりに提供する手助けをしてくれました。」

企業概要および事業内容
情報通信技術(ICT)プロバイダー

ビジネスの課題

  • ベルギーの新しい政府法案が成立し、地方自治体は2014年までに政策目標を公表し、KPIに準拠することが要求されました。
  • 新しい法律は計画と報告の透明性を求めたため、ベルギーの地方自治体は運営および慣習の大幅な見直しに迫られました。
  • 政府は、社会福祉機関向けの主要商用アプリケーションと同様の機能を備えたBIアプリケーションを開発、テストするためにCipal社に協力を求めました。
  • Cipal社は、ギリシャ神話の知恵の女神にちなんで名付けられた「Athena」をカスタマイズして再ブランド化できるBIアプリケーションを探しました。

Pentahoのソリューション

  • Cipal社は、非オープンソースおよびオープンソースのBIベンダーを徹底的に調査し、Pentahoを選択してAthena BI製品に組み込みました。
  • Cipal社は、Pentahoを仮想マシンのクラスタ(Redhat LinuxとzLinux)上で動作させています。
  • Cipal社は、データ統合、レポート作成、ダッシュボード、分析など、あらゆる種類のPentahoの機能を利用しています。
  • 長期計画としては、より効果的に計画を立ててサービスの改善を図ることを目的として、地方自治体のサービスを利用する顧客をプロファイリングするためPentahoのデータマイニング機能を追加する予定です。

付加価値

トレーニング
Cipal社はPentaho社のパートナー企業であるBiSmart社と協力して、Athena BIのエンドユーザートレーニングを提供しています。
価値創出時間の速さ
Athenaの実装(広範囲なテストやエンドユーザーとのワークショップを含む)はわずか4か月で、4つの社会福祉協会に予算内で完了し展開されました。
ユーザーによるPentahoの利用
人事管理担当者は、IT部門に依存することなく、好きな時間にレポートを作成、カスタマイズ、分析する権限を与えられました。
変化への一歩
人事データによるパイロットプロジェクトを成功させた後、Athena BIは他の社会福祉協会、地方自治体、州でも使用されるようになります。これは、ベルギー政府に長期的に重要な価値を提供するための大きな一歩です。

なぜPentahoなのか

  • オープンソース技術
  • 提供機能の幅広さ
  • 高い競争力を持つ運用コスト
  • 柔軟なインフラ

タグ

  • EMEA
  • 政府関連,情報通信業
  • ビジネスアナリティクス,データ統合,組み込みアナリティクス