ページの本文へ

Hitachi

Pentaho

規制コンプライアンスレポーティング

規制やコンプライアンスのルールは絶え間なく変更されるため、信頼できる正確なレポーティングプロセスの導入が課題となります。ワークフロー内で規制ルールの作成と編集を実施できるよう設計されたデータ統合・分析プラットフォームなら、こうした規制レポーティングの管理とプロセスの複雑性を緩和することができます。

概要

複雑な規制コンプライアンスレポートを一元管理するプラットフォーム

多くの企業は、国内外における何百件もの規制要件に対応しなければなりません。規制やコンプライアンスのルールが時間の経過とともに進化し、変更されるにつれ、企業は新しい基準に合わせてレポーティングプロセスを更新しなければなりません。そのためレポーティングアプリケーションを自社で開発する企業もありますが、その場合、規制およびコンプライアンスルールの将来の変更を管理することは難しくなります。

Pentahoを活用すると、規制ルールの作成、編集、およびメンテナンスをすべて1つの環境(シングルプラットフォーム)で実行できます。

  • データの収集・準備・分析をすべて1つの環境でオーケストレーション
  • 規制レポーティングのルールをコーディングなしで修正
  • データ来歴およびガバナンスを保証
  • Hadoopを用いて低コストで大量データを保管

詳細はPentahoデータ統合およびビジネスアナリティクスをご覧ください。

導入事例

規制管理を簡素化するメリットの例:

  • 規制要件が変更されても、ビジネスユーザーは大規模なカスタマイズやコーディングを行うことなくルールを更新可能
  • 複数の国でビジネスを展開している企業の場合、さまざまな規制レポーティングルールに準拠する必要があるが、Pentahoを活用すると各種規制ルールの管理とメンテナンスをシングルプラットフォームで行うことが可能
  • Pentahoを活用すると、規制監査の際にデータ来歴を辿り、各トランザクションの元データを突き止めることが可能
  • 既存の規制レポーティングのアプリケーションにPentahoを組み込むことで、データ統合、ルールエンジンおよびレポート機能の最新化を実現

投資効果

規制コンプライアンスレポーティングを効率化するメリット

Pentahoを活用して規制およびコンプライアンスレポーティングを効率化することで次のような投資効果が得られます。

  • データ処理およびレポーティングルールの手順を自動化することで、規制レポーティングの更新に必要なリソースと導入の手間を最大10分の1に削減可能に
  • シングルプラットフォームにより、規制ワークフローのメンテナンスや管理の簡素化が可能に
  • データ収集を効率化し、低コストのストレージアーキテクチャを活用した規制レポーティングデータの保管が可能
    (国ごとに異なるコンプライアンス要件が存在するため、規制変更などに伴いレポーティングに関わる対応工数は増加。さらに、一部の国ではデータを10年以上保管することが求められるため、ストレージ容量拡張によるコストも増加。Pentahoによりこれらの課題を解決可能。)