ページの本文へ

Hitachi

ビッグデータ×AI(人工知能)

営業ナレッジマネジメント

従来のSFA/CRMソリューションなどのシステムは、営業活動管理、顧客管理の機能が主で、営業活動そのものの「効率化」「支援」の役割を十分担いきれていないのが実情です。

MILでは、マーケティング・マネジメントの視点から、営業活動の根幹となる営業先の課題把握と提案書作成、訪問、契約といった業務を支援するための仕組みを提供しています。日立の解析技術と博報堂のマーケティング知見の連携により、営業関連情報を的確かつタイムリーに提供する業務プロセスを標準化し、営業活動の生産性向上を実現します。

営業ナレッジマネジメント

価値共創としての営業活動

ニーズが多様化する現在、自社の商品やサービスを売り込むだけにとどまらず、自社の商品・サービスを利用する顧客の目標達成に向き合い、価値を共創できるような営業活動が求められています。

そのためには、課題形成、解決策の模索、解決策の検証、承認、導入、活用促進といった一連のプロセスにおいて、顧客企業のニーズを予測・理解し、適切かつ迅速に対応するための「仕組みづくり」が必要です。

営業ナレッジマネジメント

情報をキーにした顧客接点の統合

営業ナレッジマネジメントでは、営業以外の顧客接点で収集した情報も取り込み、個々の営業担当者にとって必要な情報が、必要なタイミングで用意に入手できる仕組みを営業プランニングツールとして提供します。

そして、顧客情報を一元的に管理することによって、営業、サイト、コールセンター、顧客サービスでの対応の一貫性を実現します。

情報をキーに顧客接点を統合する

マーケティング部門と営業部門の連携強化

これまでは、マーケティング部門が決めた戦略を営業部門が実行するという関係で分断されていることが多かった両部門ですが、マーケティング部門が営業活動データを共有することで、部門間の連携が強化されます。

営業活動のデータはマーケティング部門が立案した企画に対するフィードバックとなり、状況に応じて迅速に企画を微調整することが可能になります。

これにより、マーケティング部門と営業部門が情報を共有してコンカレントに役割を遂行していきます。

マーケティングと営業の連携強化

営業ナレッジマネジメントの導入ステップ

ソリューション活用の標準的アプローチは次のとおりです。

アプローチ

スライドPDFダウンロード

営業ナレッジマネジメント

営業ナレッジマネジメント
(PDF形式:1.1 Mバイト)
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。