ページの本文へ

Hitachi

ビッグデータ×AI(人工知能)

マーケティングとビッグデータの関係

より高度なマーケティングの実現

顧客データの活用

マーケティング活動を通じて、サイトのアクセスログ、ソーシャルメディアでの発言、コールセンターへの問合せ・要望、そしてモバイル端末での位置情報など、さまざまなビックデータが日々蓄積されるようになりました。これらのビッグデータを利活用して、顧客サービスやプロモーションの効果・効率を高めていくことが、企業にとって重要なテーマとなっています。

ビッグデータがもたらす新しい発見

これらのビッグデータのそれぞれを分析することで有用な示唆を得ることもできますが、社内に蓄積された顧客情報や売上などのデータと組み合わせ、分析することで、事業成長や利益率向上に関係する要因、改善策を発見することができます。

ビッグデータ利活用への期待

特に関心が高いのは、これまでマーケティングの各業務の視点で部分的にしか見ていなかった「お客さま」を一つの人格として把握することによる「個」に向けたマーケティングです。また、データ解析のリードタイム短縮による意思決定の迅速化にも注目が集まっています。そして、最終的には社内外のさまざまなデータを管理指標として活用することで、「経営品質」を高めることが期待されています。

ビッグデータによるマーケティング統合

ビッグデータ利活用は、製品(研究開発)、チャネル(営業活動)、価格(収益率)、プロモーション(コミュニケーション活動)に関わるマーケティング活動を整合化、統合することによる、新たな競争優位性の源泉です。