ページの本文へ

Hitachi

ビッグデータ×AI(人工知能)

日立と博報堂の新しい取り組み

マーケット・インテリジェンス・ラボの設立主旨と様々な企業が抱えるマーケティングとITの課題、今後への期待を共同代表両名が語ります。

日立と博報堂の新しい取り組み マーケット・インテリジェンス・ラボ

オープン・イノベーションの試み

新たな価値を産み出し、新たなビジネスモデルを創造するためには、従来の枠組みを超えた発想が必要です。

マーケティングとビッグデータの関係

ビッグデータの利活用により、様々なマーケティング活動の精度向上を実現、新たな競争優位性につながることが期待されています。

価値あるブランド体験の実現

マーケティング領域におけるビッグデータ利活用の最終的な目的は、お客さまにとってのブランド体験を高めることです。

MILの活動内容

MILは、テーマ研究、ソリューション開発、日立・博報堂の顧客企業に向けたサービスの3つを中心に活動しています。

マーケティング×ITの取り組み

博報堂の「生活者発想」と日立の「ヒト解析技術」の組み合わせで、より高度なマーケティングの実現に貢献します。

マーケ部門とIT部門の協働

マーケティング領域でのビックデータ利活用には、マーケ部門とIT 部門の連携、的確な役割分担が不可欠です。

スライドPDFダウンロード

日立と博報堂の新しい取り組み

MILの活動概要
(PDF形式:4.6 Mバイト)
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。