ページの本文へ

Hitachi

ビッグデータ×AI(人工知能)

AI活用でデジタルマーケティングはどう変わる?
課題解決のヒントは、ここにある!

〜小売・流通業向け展示会・セミナー資料を公開中〜

消費者のライフスタイルの変化や価値観の多様化に加えて、最近のキャッシュレス決済の広がり、店舗デジタル化の普及により、複雑かつ膨大なデータがリアルタイムで収集できるようになりました。このような状況を受けて、お客さまから「収集したデータをどのようにAI活用するとデジタルマーケティングに活かせるようになるのか?」といったお問い合わせを受けることが多くなりました。ですが、お客さまが適切にデータを管理されていても、AI分析に必要なデータが不足しているために、デジタルマーケティングに活かせない場合があるのです。

日立では、これまでの知見やノウハウ、お客さまとのファシリテーション、現状分析の結果から、設定した目標(例:客単価を上げる)に対して、AI×データから新しい店舗の出店候補地を予測したり、店舗特性別に最適な商品構成を立案したり、消費者ニーズに合った商品一覧をレコメンドしたりといった各種提案活動を行い、お客さまをご支援しています。

先端技術であるAIは日々進化を遂げ、マーケティング分野への適用例も増えていますが、AIはあくまで道具にすぎません。まずは、データに基づく定量的な現状分析を行った上で設定した目標をクリアするために、AI×データで構築した予測モデルと実績とのかい離をAIに繰り返し学習させて予測精度を高め、改善した予測モデルを活用してお客さまと共に継続して課題解決に取り組んでいます。

AI活用によるデジタルマーケティングと日立の取り組みイメージ図
AI活用によるデジタルマーケティングと日立の取り組みイメージ図

小売・流通業向けに開催した展示会やセミナーで紹介した資料を公開中です。マーケティング分野を中心にお招きした講師の声もあわせてご紹介しています。お客さまの課題解決のヒントに、是非、お役立てください。