ページの本文へ

Hitachi

ビッグデータ×AI(人工知能)

最新の情報に基づくシミュレーションでコスト最適化
(変化に強いグローバルサプライチェーン構築の事例)

日立が研究開発中のサプライチェーン・シミュレーションと、データ連携・統合ソリューションを利用した変化に強いグローバルサプライチェーン・シミュレーションをご紹介します。

最新の情報に基づくシミュレーションでコスト最適化(変化に強いグローバルサプライチェーン構築の事例)

概要

調達コストや生産コストを削減し、機会損失をなくして売上拡大したいという要望があったため、グローバルサプライチェーンを構築しました。具体的には、各工場の運営状況をモニタリングし、問題があれば、代替候補先で代替生産が可能か、最新のデータをもとにシミュレーションを行い、迅速に問題を解決しました。

グローバルサプライチェーン・シミュレーションによる課題対策案の効果検証

南アジア地区(South Asia)のサプライチェーン運営状況をモニタリングすると、サウスダッカ(South Dhaka)工場で、製品の需要があるのに、供給が追いつかず、機会損失していることがわかりました。そこで、代替候補先のノースダッカ(North Dhaka)工場との間でリソース配分変更のシミュレーションを行い、効果を検証しました。

データ連携・統合ソリューションで最新データをリアルタイムに収集

グローバルサプライチェーン・シミュレーションを行うためには、世界各地にある販売拠点、生産拠点、倉庫の最新の情報をリアルタイムに把握する必要があります。そこで、データ連携・統合ソリューションを活用して、世界各地の最新データをリアルタイムに収集し、シミュレーションに活かしました。

本ページでご紹介した動画は、資料としても公開しています。ぜひ、ご活用ください。

ダウンロードページへ

ダウンロードの際は、事前に日立ID会員サービス、Hitachi IT Platform Magazineメールに登録する必要があります。