ページの本文へ

Hitachi

ビッグデータ

利活用例

導入事例/提案事例

3分で分かる日立のIoT活用事例
在庫削減編 NEW:最新

日立の工場では、部品の過剰在庫を削減し、棚卸での滅却処理ゼロ化を目指しています。 これまで2ヶ月以上かかっていた過剰在庫の原因究明が、たったの30分でできるようになったその理由をご紹介します。

3分で分かる日立のIoT活用事例
予兆検知編 NEW:最新

Pentahoソフトウェアで、障害の予兆を検知するシステムを開発。機器が発するセンサーデータを分析することで、機器の劣化具合をくまなく把握します。定期メンテナンスだけでは防げなかった、機器の突発的な障害を撲滅します!

3分で分かる日立のIoT活用事例
エコオフィス編

株式会社日立製作所 横浜事業所のエコオフィスを支える監視室にカメラが潜入。温度や湿度、CO2濃度などのセンサーデータをリアルタイムに収集し、Pentaho ソフトウェアで見える化することで、細やかな空調コントロールを実施する様子をご紹介します。

3分でわかる日立の人工知能

IoT/M2M展 春 日立グループブースで展示した「トータルバリューチェーンマネージメント」の中から人工知能の技術をピックアップ。 「美味しいお蕎麦の秘密を人工知能で解く?!」と題して日立スタッフがわかりやすくご説明します。

ID-POSデータ利活用のトライアル事例

データ利活用トライアルサービスの実証事例です。ID-POSデータを活用して、優良顧客を中心とした価値観や購買行動、店舗特性を理解し、「お客様の満足度向上」に繋がる施策が展開できるか検証(トライアル)します。
※詳しい資料も公開しています。

IoTでルールを塗りかえろ/メンテナンス編

IoT(Internet of Things)を中心とした先端技術が「保守・メンテナンス」業務の未来をどのように変えていこうとしているのか、ビジネスをどう変革していくのか、日立の取り組みをご紹介します。

個客の心をつかむマーケティング

流通・小売業を例に、日立のビッグデータ利活用から個客の購買特性を把握し、売上向上につながる施策を立案するまでをご紹介します。

低コストで最適な品質を維持する

ある国内の機器製造メーカーを例に、日立のビッグデータ利活用の可能性についてシナリオ形式でご紹介します。内容は、実際の実証実験をもとに、提供可能な日立のソリューションを組み合わせて作成した架空の事例です。

最新の情報に基づくシミュレーションでコスト最適化

日立が研究開発中のサプライチェーン・シミュレーションと、データ連携・統合ソリューションを利用して、変化に強いグローバルサプライチェーン・シミュレーションをご紹介します。

国立研究開発法人 防災科学技術研究所

2,400億通りのデータを約2時間で処理 噴火100時間後の状況を3Dで可視化

株式会社ジェーシービー

本当に役立つ情報をリアルタイムに配信!カード会員と加盟店のうれしさをつなぐ新サービスを実現したJCBの取り組みとは

日立データセンター

日立グループのデータセンターにおいて、随所に設置された温度センサーから逐次発生する大量データをリアルタイム分析し、きめ細かな空調制御を行っています。

ネットパイロティング株式会社

データ分析基盤に日立の提供する「かんたんHadoopソリューション」を導入。サービスの規模を拡大するとともに運用の省力化も実現しました。

JA士幌町(北海道)

人工衛星から撮影した小麦畑の画像を使って生育状況を解析。小麦の最適な刈り取り時期の決定を支援します。

(株)もしもしホットライン

ビジネス顕微鏡を用いて「誰が、いつ、どのような」行動を取ったかを解析。業績に影響を与える要因を解明して業績向上施策の策定を支援し、受注率をアップしました。

火力発電所

日立は世界中の火力発電所に納入したガスタービン1機あたり約200個のセンサーを設置。稼働状況をリアルタイムに分析し、予防保全を行っています。

ユースケース

お客さま声分析

アンケートや問い合わせの音声/テキストを分析。潜在的ニーズを抽出し、顧客満足度向上、成約率アップにつなげます。

人間行動分析

人間の行動をセンサーにより計測・分析することで、空間の創造・活性化を実現します。

予兆保守

産業機械・大型設備からデータを収集。稼働状況を遠隔監視し、壊れる前に直す予兆保守を実現します。

部門別利活用例

経営から現場まで、あらゆる部門で活躍するビッグデータの利活用例を紹介します。