ページの本文へ

Hitachi

ビッグデータ

記事

対談

特別対談

サムネイル画像

大量データの利活用が社会のイノベーションを加速
“日本発”の技術がビッグデータの世界をリードする
世界トップクラスの超高速データベース技術を共同開発した、東京大学 生産技術研究所教授/国立情報学研究所 所長の喜連川 優氏と日立の齊藤 裕が語りあった。

〔Human Dreams. Make IT Real. 2014年2月〕

日経ビジネスオンライン AD SPECIAL対談

サムネイル画像

全日本女子バレーに学ぶ、戦略的ビッグデータ活用術とは?
企業に蓄積された膨大なデータの中から新たな知見を引き出し、競争力強化やビジネス創出に生かす「ビッグデータ活用」。これをスポーツの世界で体現したのが、徹底的なデータ分析・活用で数々の強豪国を打ち破り、世界を驚かせた全日本女子バレーボールチームだ。躍進の秘訣とデータ活用の重要性について、同チーム監督の眞鍋 政義氏とビッグデータ活用のエキスパートである日立製作所の安田 誠氏が語り合った。

ご紹介製品:データ・アナリティクス・マイスターサービス
〔日経ビジネスオンライン2013年1月〕

サムネイル画像

最強の学問"である統計学、その"最強の武器"を経営に活かす
企業戦略の立案に欠かせない要素となってきたビッグデータ。その分析結果の活用は、これまで勘や経験に頼っていた経営スタイルを大きく変えようとしている。『統計学が最強の学問である』という著書をベストセラーとした統計家・西内 啓氏と、ビッグデータ活用のエキスパートである日立製作所の安田誠氏が、アナリティクス(分析)ノウハウを活用した経営課題の解決について語り合った。

ご紹介製品:データ・アナリティクス・マイスターサービス
〔日経ビジネスオンライン2014年2月〕

サムネイル画像

「売れる仕組み」はどう作る?営業改革に向け、壊すべき3つの「壁」
売れない時代に、売れる仕組みを作るためには、さらなる営業力の強化が不可欠だ。ただし、それは簡単なことではない。個々の担当者の経験やスキルに頼るのではなく、さまざまな情報を自在に駆使できる組織体制を築くことが求められるからだ。企業が抱えるこうした課題の解消を目的の1つに発足したのが「マーケティング・インテリジェンス・ラボ」である。日立と博報堂のタッグによって生まれたこの組織が、企業の営業改革にどのようなメリットをもたらすのか。両社のキーマンが語った。

ご紹介製品:マーケティング・インテリジェンス・ラボ
〔日経ビジネスオンライン2013年7月〕

東洋経済オンライン×ITmedia コラボレーションコンテンツ

サムネイル画像

[ITは僕たちの未来をどう変えるのか]
ビッグデータは物語と仮説を求めている
ビッグデータは本当にこれからのビジネスに変化をもたらすのだろうか?
実は現状では有効に使われているとは言い難い。むしろ実際の有効活用はこれから始まる。やるべきことは何か。そのヒントを探った。

〔ITmedia エンタープライズ 2014年3月〕

サムネイル画像

[ITは僕たちの未来をどう変えるのか]
ダボス会議の若手ボードメンバーが語る「本当は強い日本の“未来”」
国内では日本は閉塞していると思われがちだが、実は世界から見れば、日本こそ今最も注目されている国のひとつだ。少子高齢化をピンチではなくチャンスと捉え、それを乗り越えるためにはITの進化がカギとなる。

〔ITmedia エンタープライズ 2014年3月〕

サムネイル画像

[夏野剛氏が語る企業ITの近未来]
IT部門と経営者よ、今こそITの考え方を見直す転換期だ!
「今の企業システムは、せっかくITを武装してレベルアップした社員個人の能力を抑制している」――。
企業の現状に対してこう警鐘を鳴らすのは、慶應義塾大学 政策・メディア研究科 特別招聘教授の夏野剛氏だ。果たして、その原因とは何か。また、そうした状況を打破し、将来に向かって持続的に成長し続けられる企業になるにはどうすればいいのだろうか。

〔ITmedia エンタープライズ 2014年3月〕

サムネイル画像

新時代のデータ転送基盤でビジネスの現場の情報活用を支援せよ!
企業活動のグローバル化が進む中、データの「流れ」が大きく変わりつつある。かつてデータの送受信はシステム間連携によるものが大半を占めたものの、今では業務情報のデジタル化が進み、情報活用の機運も高まる中で現場レベルでの情報のやりとりが急速に拡大している。しかし、既存の企業システムはこうした事態を想定していない場合も多く、そのことに起因する課題も顕在化しつつある。IT部門はどう対応していくべきか。ITR リサーチ統括ディレクター/シニア・アナリストを務める生熊清司氏の話からその道筋を探ってみたい。

〔ITmedia エンタープライズ 2014年3月〕

サムネイル画像

データ活用の大前提! それはデータデリバリのコントロール
データは企業活動の“生命線”とも呼ぶべき存在だ。その重要性を踏まえ、多くの企業がデータ活用に取り組んでいる。この取り組みに対して、多くの企業が新たな価値を生み出すための分析手法に目が向きがちだが、その裏側で動くシステムをしっかりと作り上げてこそ実現できるということを再認識しなければならない。データは「蓄積/保護」し「収集/処理」されることによって初めて「活用」することができるのだ。そして、これらのサイクルを効率よく循環させ“データの流れ”を作ることで、データ活用を実現できるシステムが完成するのである。

〔ITmedia エンタープライズ 2014年3月〕

サムネイル画像

企業の競争力を強化する! ビッグデータ時代にふさわしいデータ転送とは?
ビッグデータ時代の到来により、企業が業務でやり取りするデータの大容量化が進む中、データ転送に対するニーズが拡大している。この状況を打破するためには、新たなデータ転送技術が必要とされている。そうした中、注目を集めるのが、日立製作所の高速大容量データ転送基盤「JP1/Data Highway」だ。

〔ITmedia エンタープライズ 2014年3月〕

おすすめコラム

ビッグデータ時代に求められるフラッシュストレージの要件

サムネイル画像

大量のデータ処理の要件を満たす上で、従来のハードディスクを主体としたストレージは、性能面からボトルネックになっています。 そこで注目されているのが、NANDフラッシュメモリを採用したフラッシュストレージ。本稿ではフラッシュストレージの特長とその可能性について紹介します。