ページの本文へ

Hitachi

ビッグデータ

データ・アナリスティクス・マイスターサービス

代替テキスト

ビッグデータ利活用に関する専門家「データ・アナリティクス・マイスター」が中心となり、お客さまのビッグデータの利活用をトータルに支援します。
ビッグデータ利活用の「ビジョン構築」、ビジョン実現のシナリオを描いて生まれる価値を明確化する「活用シナリオ策定」、さらに実際にデータ分析手法を確立するとともに、その有効性を検証する「実用化検証」、そして実際の「システム導入」まで、4フェーズのプロセスをトータルサービスとして提供します。

「イノベイティブ・アナリティクス」を実践します。

日立のノウハウを結集したアプローチ「イノベイティブ・アナリティクス」を実践します。ビッグデータ利活用に関する専門家「データ・アナリティクス・マイスター」が中心となって深い洞察力と蓄積された知見を用い、ビッグデータから新たなビジネス価値を創出。イノベーションの実現を支援します。

各分野のエキスパートを集めたチームで対応します。

日立ではビッグデータ利活用に関する専門家「データ・アナリティクス・マイスター」を結集した専任組織「スマート・ビジネス・イノベーション・ラボ」を設置。
さらにデータ分析に関する技術者・研究者、BI(Business Intelligence)や大量データ処理などのシステムの構築・運営に携わるコンサルタントおよびSEなどを含め、日立グループ全体で200人超の体制を整備しています。
これら各分野のエキスパートを集めたチームでお客さまをトータルに支援します。

新技術の適用に向けたアセスメントサービスを提供します。

ビッグデータを利活用する上で必要な技術の検証・評価、適切なシステムの立案を専門の技術者がお手伝いします。設計したシステムが計画した通りの性能で稼働するかどうか、本番運用前に日立のデータセンターを使って実際にお客さまのシステム環境を構築。お客さまのデータを用いて検証します。また技術研修サービスにより、お客さまの運用技術習得も支援。確実な運用スタートに向けてきめ細かくサポートします。

実績あるビッグデータ利活用プラットフォームです。

日立は、世界トップクラスのシェアをもつストレージソリューションをはじめ、ストリームデータ処理やHadoop*1ソリューションなど、ビッグデータの利活用を支えるITプラットフォーム技術を「Field to Future Technology」として体系化。データの効率的な収集、蓄積、検索、処理、分析を支える製品をワンストップで提供します。

*1
Hadoop : オープンソースソフトウェアコミュニティ「The Apache Software Foundation」にて開発・公開されている、大量データの効率的な分散処理を実現するソフトウェア基盤。