ページの本文へ

Hitachi

ビッグデータ

アプローチ/サービス

ビッグデータを価値に変える日立のアプローチ

お客さまのビジネスを新たなステージへと導くために日立は、幅広い業務の知見、高度な分析ノウハウ、実績あるICT製品・技術を基にビッグデータから新たなビジネス価値を創出する「イノベイティブ・アナリティクス」を推進しています。
「イノベイティブ・アナリティクス」では、お客さまが保有する大量かつ多様なデータの中から、隠れた意味を解釈できる深い洞察力を持った専門家の知見はもとより、専門家の知見に頼らない人工知能技術などを使って、「ビッグデータ」の中に埋もれている価値ある「ビジネス構造」を抽出。お客さまのビジネスにとって有効な利活用のシナリオを描き、仮説検証で確信を得た上で、イノベーションを生み出すお手伝いをします。

お客さまとともにイノベーションを実現するための、さまざまサービスをご用意しています。

課題解決に向けたデータ利活用の有効なシナリオを描きたい場合

ビッグデータの利活用には高度なITはもとより、莫大なデータの中に隠れた意味を解釈できる深い洞察力と蓄積された知見を持った専門家が不可欠です。
ビッグデータ利活用に関する専門家「データ・アナリティクス・マイスター」が中心となって深い洞察力と蓄積された知見を用い、ビッグデータから新たなビジネス価値を創出。イノベーションの実現を支援します。

イメージ

先端的な人工知能技術を活用し、経営課題を解決したい場合

お客さまが保有する大量かつ多様なデータ(ビッグデータ)を日立の人工知能(AI)で分析し、分析結果および業績向上につながる仮説をレポートとしてお客さまにお届けするサービスです。また、必要に応じて、分析結果に基づいた施策のシステム化についてもご提案します。

従業員の行動データを可視化・分析し、組織を活性化させる施策を立案したい場合

お客様企業の従業員の行動データから、組織の活性度や従業員のネットワーク(関係性)を計測・可視化することで、組織活性化や生産性向上を支援するサービスです。また、計測結果を日立の人工知能で分析することで、組織活性化に向けた具体的な施策もご提案します。

短い期間でデータ活用の効果を知りたい場合

企業は競争力を最大化する施策立案を絶えず行う必要があるため、データを用いた現状分析や多数の指標(KPI*1)評価が必要です。データ利活用トライアルサービスでは、施策立案につながるKPIをデータで見える化し、お客さまが実現したいこととその効果を短い期間(最長3ヶ月)で確認できるよう支援いたします。本サービスの活用により、効果を確認するまでの時間とコストを抑えるとともに施策立案の精度や立案サイクルの回転率も向上します。

*1
KPI・・Key Performance Indicator

イメージ

顧客の嗜好を分析・可視化し、顧客視点の商品企画や販売施策を立案したい場合

企業の商品情報や購買履歴データをもとに、「価格重視派」「健康志向派」「トレンド追従派」といった顧客の趣味嗜好と実際に購買されている商品との関係性を可視化したレポートを提供するサービスです。
顧客の趣味嗜好を高精度に推定できる日立独自の新技術(情報抽出技術)を備えており、変化する顧客の趣味嗜好を継続的に捉え、精度高く維持できます。そのため、本サービスが提供する分析レポートをご活用いただくことで、顧客アプローチの細分化や店舗・売り場作りの改善につなげることができます。

イメージ

お得意様の「今、買いたい」が手に取るようにわかりたい場合

優良顧客分析サービスは、企業のマーケティング部門を対象に、購買履歴などのデータから現状を把握し、支持を拡大するターゲットとすべき顧客層や商品を明確化するサービスです。具体的には、顧客や商品の特性を理解し、構造化、可視化が可能な分析環境をお客さまにご提供し、運用保守を含め支援する日立のマネージドサービスです。 分析シナリオの策定や分析環境のセットアップは日立が行いますので、お手元のデータを分析環境に入力するだけで各種分析メニューがセルフサービスで利用できます。
なお本サービスは、「顧客ロイヤルティ向上サービス」の基礎となるサービスです。

イメージ

顧客ロイヤルティ向上サービス