ページの本文へ

Hitachi

データ転送/バックアップ

ファイルサーバをかんたんに導入・運用したいファイルサーバをかんたんに導入・運用したい

このような点でお困りではないですか?

手軽にファイルを共有できるのでとても便利なファイルサーバ。
しかし、こんな問題もおこりがち・・・。

「共有サーバの容量がいっぱいで、必要なファイルが消されちゃった…」

「毎日更新されるファイルの中身、昨日時点のデータが知りたかったな…」

「数年前のファイル、あるはずなんだけど、どこだろう…?本当にあるかな?」

「かといって、どんなファイルも残すために容量をバンバン増やせない…」

「データ保存用のストレージ、サーバとバックアップ運用の設計をしないと…」

「マイナンバーに備えて業務で使うアクセスログの世代管理もしないと…」

「デスクトップ仮想化のためにユーザー領域も管理が必要かな…」

アプライアンス共有サーバ 毎データクラウドとは

こうしたファイルサーバのよくありがちな問題を解消するのが、「アプライアンス共有サーバ 毎データクラウド」です。 自動のバックアップ機能を持ち、消してしまったファイルを復元することができます。また、SIレス(各種インストールやセットアップは完了)で提供するので、電源をさせばすぐに使えるのが特徴のファイルサーバです。

業種を問わずファイルサーバの新規導入を考えている方、特に1TB〜3TB/年のデータを50人程度で利用している方にお勧めします。

かんたん導入、らくらく運用で解決

かんたん導入

各種インストールやセットアップは完了しているので、
電源をさせばすぐに使えます。

らくらく運用

今まで通りに共有サーバを利用できます。もしもファイルが削除されてしまっていても、管理者がデータを戻すことができます。また、ユーザーにデータ保護を意識させない上、管理に手間もかかりません。

運用のイメージ

リーズナブルな価格、運用をスムーズに開始できるドキュメントを付属

標準価格:\1.660.000〜(税抜)

リーフレット、ヒアリングシート

リーフレット(PDF形式 551kバイト)
共有サーバにあったんだけど・・・そんなファイル・・・取り戻せます!

リーフレット(PDF形式 1,042kバイト)
ファイルサーバに「あったら良かった」がついに実現。
「消えた」「違う」「見つからない」が無くなる 毎データクラウド。

共有サーバに関するヒアリングシート(PDF形式 391kバイト)
ディスク容量やファイル紛失でお悩みの方へ。

クイックスタートアップガイド

取り出したいデータの検索方法が簡単に分かる「クイックスタートアップガイド」。
下記のフォームよりお申し込みいただいたき、「Hitachi IT Platform Magazine メール」に新規にご登録いただいた方に、毎月抽選で50名様に1,000円分のAmazonギフト券をプレゼントしています。

*
日立ID会員サービス、Hitachi IT Platform Magazineメールに登録する必要があります。

クイックスタートアップガイド ダウンロードはこちらから

ファイルサーバ管理を簡単にする“今どきバックアップ”運用

業務データの共有に非常に便利なファイルサーバですが、データが適切に管理されていないことで多くの問題も発生しています。そうした課題解決のベストプラクティスを探ります。