ページの本文へ

Hitachi

データ転送/バックアップ

おすすめコンテンツ

調査データ

【調査報告】データ活用は「伝搬」が鍵となる!!
ビッグデータの分析・活用によりビジネス貢献を果たすためには、データ活用のプロセス全体を整備していくことが重要ですが、どのようなプロセスが必要でしょうか?
株式会社アイ・ティ・アールの調査結果、アイティメディア株式会社の読者調査レポートを踏まえて考察します。

特集記事

50メートル先から巨大QRコードを読み取る
白黒の画像を読み込むだけでURLやテキスト表示が出来る利便性のあるQRコード。 「大きいほうが遠くから読み込めて便利なんじゃないか」という気持ちから本企画にチャレンジ!
〔ITmedia ニュース 2014年6月〕

もう専任の担当者は必要ない?
バックアップからの解放――「Cloud on-Ramp」でクラウドバックアップのススメ
メール、画像、プレゼン資料……日々の業務でどんどん増えていくファイル。ファイルサーバを導入しても、データ容量が増えるにつれて運用管理コストが増すばかり。専任の管理者を置く余裕もない……そんな企業の悩みを解決するのが、日立製作所のクラウドストレージソリューション「Cloud on-Ramp」だ。
〔Business Media 誠 2014年5月〕

そのビジネスの課題、日立が解決します
ファイルサイズが大きすぎ! メール添付できないファイルを速く安全に送る方法
「大容量のデータを送るとき、いつも困っている」という人も多いのでは? メールで大容量データを送るには、ファイルを分割しなければいけない。外部のファイル共有サービスを使うのは、セキュリティが心配だし、通信速度が遅いこともある。そんな面倒&不安を解消してくれるツールを紹介しよう。
〔Business Media 誠 2014年5月〕

ビッグデータ時代に求められるデータ活用のためのIT 基盤
本稿では、近年進展するビジネスのグローバル化とそれに伴うデータの流れの変化に着目し、データの活用に向けた最適なITシステムの要件ついて解説します。
〔会報誌 HITACHI USER 2014年5月〕

[夏野剛氏が語る企業ITの近未来]
IT部門と経営者よ、今こそITの考え方を見直す転換期だ!
「今の企業システムは、せっかくITを武装してレベルアップした社員個人の能力を抑制している」。慶應義塾大学 政策・メディア研究科 特別招聘教授の夏野剛氏は、企業の現状に警鐘を鳴らす。その原因とは何か。そして、現状を打破し、企業が持続的に成長していくためにするべきこととは?
〔ITmedia エンタープライズ 2014年3月〕

新時代のデータ転送基盤でビジネスの現場の情報活用を支援せよ!
かつてデータの送受信はシステム間連携によるものが大半だったが、今では既存の企業システムの想定を超え、現場レベルでの情報のやりとりが急速に拡大。IT部門がとるべき対応とは? ITR リサーチ統括ディレクター/シニア・アナリストの生熊清司氏に聞いた。
〔ITmedia エンタープライズ 2014年3月〕

データ活用の大前提! それはデータデリバリのコントロール
データは「蓄積/保護」し「収集/処理」されることによって、初めて「活用」できる。このサイクルを効率よく循環させ"データの流れ"を作ることで、データ活用を実現できるシステムが完成する。多くの企業がデータの分析手法に目が向きがちな中、システムをしっかり作り上げることの重要性について解説する。
〔ITmedia エンタープライズ 2014年3月〕

企業の競争力を強化する! ビッグデータ時代にふさわしいデータ転送とは?
ビッグデータ時代の到来により、企業が業務でやり取りするデータの大容量化が進む中、データ転送に対するニーズが拡大。この状況を打破するためには、新たなデータ転送技術が必要とされている。そうした中で注目を集める、日立製作所の高速大容量データ転送基盤「JP1/Data Highway」について解説する。
〔ITmedia エンタープライズ 2014年3月〕

ホワイトペーパー

重複排除&レプリケーション

JP1/VERITAS NetBackup 7.1 で、運用負荷を軽く自動で、専用装置なしで手軽にリモートサイトにデータを送る方法について説明します。

バックアップ遅延

JP1/VERITAS NetBackup で起こりえるバックアップ遅延に対して、その解消方法を分かりやすく説明します。

小規模Windows環境でのバックアップ運用お役立ちドキュメント

JP1/VERITAS Backup Exec 2012 のインストールから設定、バックアップまでを分かりやすく説明します。

JP1/VERITAS Backup Exec 2012 を利用したバックアップ運用の計画から実際にバックアップを実行するまでの、バックアップの基礎を説明します。

JP1/VERITAS Backup Exec 2010 以前の旧バージョンで作成されたジョブを JP1/VERITAS Backup Exec 2012 で再設定する方法について説明します。

Windows Storage Server 上で行なう、JP1/VERITAS Backup Exec 2012 のインストールから設定、バックアップまでを分かりやすく説明します。

コラム ビッグデータ時代に求められるバックアップ技術

金谷 敏尊氏の写真

株式会社アイ・ティ・アール プリンシパル・アナリスト
金谷 敏尊氏 Toshitaka Kanaya

アウトソーシング、データセンター/BCP、システム運用管理/ITサービス管理、仮想化/クラウドの分野を担当し、ユーザー企業におけるIT計画立案、インフラ構想化、RFP策定/ベンダー選定、ROI分析などのコンサルティングを数多く手掛ける。

株式会社アイ・ティ・アール(新規ウィンドウを開く)

連載5「多様なバックアップ要求に応える」

多様なバックアップ要求に応える

今日のIT環境には、多様なアプリケーションが存在し、インフラ構成も複雑化している。多様なインフラ要求に合わせて、個々のシステムに応じたバックアップが求められており、最適な統合管理のあり方を描く必要がある。

連載4「ファイルサーバの容量対策」

情報共有の推進やマルチメディア化により、多くの企業ではファイルサーバに格納する業務用ファイルは大量となり、かつ個々のファイルサイズも肥大化する傾向にある。階層型ストレージやアーカイビングにより、最適なファイル管理を実施することが望まれる。

連載3「バックアップ速度を向上するには」

バックアップ・データの増加から、予定時間内にバックアップが終わらないといった例も見られるようになってきた。高速バックアップを実現するには、ネットワークをはじめとするデータ転送上のボトルネックを排除することがポイントとなる。

連載2「肥大化するデータのバックアップ」

年々増大するバックアップ・データは、企業のIT管理者によって悩みの種となっている。データ量の縮小へ向けて、効率性の高い重複排除(De-Dup)と圧縮を実現することが求められる。また大容量バックアップへ向けてはテープライブラリも有用である。

連載1「ビッグデータ時代のバックアップ」

ITの進展と利用拡大によりデジタルデータは加速度的に増加している。この「情報爆発」と呼ぶにふさわしい現状は、企業のデータ・バックアップにも大きな影響を与えている。本連載では、ビッグデータ時代に求められるバックアップのあり方を示し、個々の課題に応じた解決アプローチや技術対策について解説する。