本文へジャンプ

データ転送/バックアップ

Hitachi

今のバックアップの方法に満足していますか?

今のバックアップシステムは、適切ですか?

ビッグデータの時代、データが大量になっただけでなく、3D-CADデータや動画・音声データなど大容量のデータがビジネスを支えています。こういった重要なデータの損失が、事業の継続におよぼす影響は甚大。それだけに、大地震などの災害の発生を考慮した確実なバックアップが不可欠です。さらに、コンプライアンスの観点からも、顧客情報の安全な保管は必須条件。一方で、限られたIT投資でデータを管理するためには、システムの低コスト化も求められています。
これからは、多様なニーズとデータの重要度に応じた最適なバックアップシステム選びが重要。その際に、RPO(目標復旧時点)やRTO(目標復旧時間)という、災害からの復旧目標という考え方が、ひとつのものさしになります。

データバックアップの図

システム環境にあったバックアップ方式をとっていますか?

バックアップには、大きく2つの方式があります。同一サイト内にバックアップをとるローカルバックアップ。そして、災害復旧のために遠隔地にバックアップをとるリモートバックアップ。システム環境に合ったモデルの選択が重要です。

日立には、バックアップの先進的なテクノロジーがあります。

膨大なデータを効率的にバックアップするため、日立はストレージクラウドによる一元的な処理や独自の重複排除のテクノロジーを活用。また、さまざまな技術を活かし、さらに高信頼のバックアップを実現します。

日立が、大規模データバックアップの課題を解決します。

そこで日立が提供するのが、従来のバックアップの課題を解決するソリューション。
バックアップに求められるニーズに応えます。

広がり続けるバックアップのニーズ
日立のバックアップソリューション

RPOとRTOの考え方 さまざまなバックアップ方式 日立先進の日立先進のテクノロジー