ページの本文へ

Hitachi

エンタープライズ アプリケーションサービス

お客さまの声から未来を予測する

Sentiment Analysis Service 感性分析サービス

SNSや口コミサイトなどソーシャルメディアの情報、
テレビや新聞などマスメディアの情報、コールセンターの会話記録などから、
企業や商品に対するお客さまの声や感情を高精度に可視化するサービスです。

業務情報と組み合わせて分析することで、売上予測など未来につながるプランニングを支援します。

感性分析サービスの特長

高精度な感性分析

テキストデータを約1,300種類の話題・感情・意図に分類できるAI技術を適用し、「好意的」「中立」「悪意的」の3大分類とさらに細分化した全81種類の中から感情を特定できます。文意を考慮して高精度に感性を分析します。

気づきを得やすい画面

単語間の関係性を示す情報にもタグ付をします。これにより単語一致ではなく話題一致で検索することができます。また業務情報と組み合わせた分析やインタラクティブな操作性により、気づきを得やすい画面をご提供します。

辞書更新の負荷軽減

収集したデータから関連性の高い単語や専門用語を機械学習し、フィルタリング辞書の絞り込み条件を自動更新します。これにより辞書メンテナンスの負荷を抑えながら、絞り込み精度の維持・向上を実現します。

01

ニーズを深くとらえた商品企画

活用カテゴリ:
  • 企画
  • 開発

商品の機能や性能などの業務情報と、ソーシャルメディアの情報を組み合わせて感性分析することで、商品に対する不満の声から改善すべき点が明確になりニーズを把握できます。これにより、ニーズを深くとらえた商品を企画でき、売上拡大と機会損失低減に貢献します。

掃除機の商品企画に関する分析

掃除機の商品企画に関する分析の流れ:[業務情報、ソーシャルメディアの情報]→[感性分析]→[好意的(Positive)、悪意的(Negative)、中立(Neutral)な声(感情)]→[悪意的な声(感情)の中身:音、ストレス、空気、スタンド、色、ゴミ、収納、在庫、捨て方]→[捨て方の声を詳細に分析:溜まったゴミが捨てにくい!、掃除したのに捨てるときに汚れる!、ゴミがこぼれた!]→[ニーズを把握]→[ごみの捨て方を改善した商品企画]→[売上拡大・機会損失低減]

02

効果的なプロモーション活動

活用カテゴリ:
  • 広報
  • 宣伝
  • 企画

実施したプロモーション活動内容などの業務情報と、ソーシャルメディアやマスメディアの情報を組み合わせて感性分析することで、プロモーション活動における反響をリアルタイムに分析や、ソーシャルメディアの反響へ迅速な対処が可能になります。これにより、効果的なプロモーション活動を実施でき、ブランドイメージ向上に貢献します。

ネガティブな反響を検知して対処するプロモーション活動

ネガティブな反響を検知して対処するプロモーション活動の流れ:[業務情報、ソーシャルメディア・マスメディアの情報]→[感性分析]→[時間軸に沿った分析:(ニュースで放送された:悪意的発言が多い)→(適切な対処を迅速に実施)→(好意的発言増、悪意的発言減)]→[効果測定や改善点を整理する]→[効果的なプロモーション活動]→[ブランドイメージ向上]

03

生産計画の精度向上

活用カテゴリ:
  • 営業
  • 企画
  • 開発

前年度の売上実績や商品Webサイトへのアクセス数など需要予測に必要な業務情報と、ソーシャルメディアの情報を組み合わせて感性分析することで、お客さまの声を反映した需要を予測できます。これにより、生産計画の精度を向上でき、欠品待ちによる機会損失低減や売上拡大に貢献します。

SNSの反響にサイトアクセス数と前年度の売上実績を
掛け合わせた売上予測

SNSの反響にサイトアクセス数と前年度の売上実績を掛け合わせた売上予測の流れ:[業務情報、ソーシャルメディアの情報]→[感性分析]→[業務情報(サイトアクセス数と前年度売上実績)およびSNSの反響(好意的な発言、悪意的な発言)をグラフ化し、これを用いて本年度売上予測をグラフ化]→[高精度に売上を予測]→[欠品待ちを防ぐ、生産計画を作成]→[機会損失の低減・売上拡大]

04

炎上防止やリコールなど
迅速なリスク対策

活用カテゴリ:
  • 広報
  • 宣伝
  • 営業
  • 品質保証
  • 開発
  • コールセンター

商品の仕様やリリース時期などの業務情報と、ソーシャルメディアの情報を組み合わせて感性分析することで、商品に対するネガティブな感情の拡大やリスクワードの発生を事前に検知できます。これにより、商品の不具合が引き起こす事故の防止やリコール発表など、リスク対策を迅速に実施でき、ブランドイメージ向上に貢献します。

洗濯機に関するリスク対策

洗濯機に関するリスク対策の流れ:[ソーシャルメディアの情報、コールセンターへのお問い合わせ内容]→[感性分析]→[SNSの反響(好意的な発言、悪意的な発言)を定点観測]→[リスクワード発生を検知(「臭い」「異臭」)]→[不具合を確認し製品回収を検討]→[迅速なリスク対応]→[ブランドイメージ向上]

05

働き方改革を促進

活用カテゴリ:
  • 人事
  • 企画

勤怠などの業務情報と、従業員アンケートを組み合わせて感性分析することで、従業員の感情と現場で起きている問題をそれぞれ分類して可視化できるため、改善点を抽出して現場に即した施策を立案することが可能です。これにより、働き方改革を促進でき、従業員の満足度向上に貢献します。

働き方改革に関するアンケート分析

働き方改革に関するアンケート分析の流れ:[アンケート結果、業務情報]→[感性分析]→[好意的(Positive)、中立(Neutral)、悪意的(Negative)な声(感情)]→[感性の分析結果を可視化(中立:要望、疑問、問合せなど。悪意的:不満、批判、不快など。)、問題の分析結果を可視化(意識改革不足、社内システム、仕事量など。)]→[改善点を抽出して施策立案]→[働き方改革を促進]→[従業員の満足度向上]

ページの先頭へ