本文へジャンプ

Hitachi

日立アウトソーシングサービス

ITサービスマネジメントへの取り組みに向けた課題を明確にします。

ITがビジネスを支える時代を迎え、ビジネス要件に合致したITを提供することが不可欠になっています。このような状況においては、従来のようにサーバー、ネットワーク、アプリケーション等を個別に管理するのではなく、ビジネスの視点に立ち、ITをサービスとして提供することが求められます。

日立では、ITサービス管理のベストプラクティスである「ITIL® /ISO20000」をベースにした日立独自のアセスメントシートを用いて、お客さまが運用するITサービスの課題を明確にします。

特長

  • 短期間で、お客さまが運用するITサービスの現状のプロセスを診断します。
  • ITサービス管理のベストプラクティス・フレームワークである「ITIL® /ISO20000」に基づいて、プロセスを総合的に評価し、課題を明確にします。

特長図

分析内容

  • 日立独自のアセスメントシートを利用したインタビューを実施し、現状を把握します。
  • 現状のITサービスの管理プロセスとITIL®フレームワークとのギャップ、および業務上の問題点の分析を行い、課題を明確にします。
  • 改善すべき分野とそのプライオリティを提示します。

分析内容図

推奨適用例

  • こんな悩みや疑問をお持ちではありませんか?

推奨適用例

お問い合わせ

お問い合わせイメージ

ITアセスメントサービスに関するお問い合わせを受け付けております。