本文へジャンプ

日立アウトソーシングサービス

Hitachi

本サイト内のアウトソーシングサービスとクラウドサービスを提供している、株式会社 日立製作所 情報・通信システム社 クラウドサービス事業部は、情報セキュリティマネジメントシステム(以下、ISMS) 、事業継続マネジメントシステム(以下、BCMS)及びITサービスマネジメントシステム(以下、ITSMS)適合性評価制度の認証を取得しています。

情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)

ISMS基本方針

株式会社 日立製作所 情報・通信システム社 クラウドサービス事業部では、クラウド事業、ITマネジメント事業、BPO事業、データセンタ事業を主な業務としている。
これらの事業の特徴として、お客様の重要な情報をお預かりするということが大きなウェイトを占める。これら情報資産と我々社内の情報資産を様々な脅威から保護することは、お客様との永続的な信頼関係を築き安定したサービスを提供する上で極めて重要である。
本ISMS基本方針は、クラウドサービス事業部での情報セキュリティに対する基本的な方針を示す。本組織において、情報セキュリティの重要性を認識し、本基本方針に基づいた、計画(Plan)・実行(Do)・点検(Check)・処置(Act)の一連のサイクルによるISMSを実行することを要求する。本基本方針は定期的なレビューを行うとともに、環境等の変化に応じて随時見直しを図っていく。

1.目的

本ISMS基本方針は、クラウドサービス事業部にて所有する情報資産を適切に管理、維持、運用することで、機密性を第一とした上で完全性・可用性をも保護し事業の永続的かつ安定的な運営を行うことを目的とする。

2.情報セキュリティ活動の方針

クラウドサービス事業部の情報資産をあらゆる脅威から保護し、顧客情報や営業機密情報の機密性、提供サービスの完全性・可用性を確保する。そのため、リスク評価結果に基づくセキュリティ目標を明確に定め、セキュリティ施策の確実な実施及び継続的改善に努める。尚、セキュリティ施策は、次の事柄を確実に実施する。

  • 情報資産の適切な保管
  • 情報資産へのアクセス制限管理の徹底
  • 事故に関する徹底した防止策の計画と実施
  • 勤務者一人一人の情報セキュリティへの認識を高め、人的事故の危険性を低減

ISMS認証登録事業者情報(2014年3月現在)

事業者名称: 株式会社 日立製作所
事業者部門名称:クラウドサービス事業部
登録範囲:クラウド事業、データセンタ事業、BPO事業、ITマネジメント事業
認証基準:ISO/IEC 27001:2005・JIS Q 27001:2006
初回登録日:2005年9月29日
認証登録番号:IC05J0101
認証機関:日本環境認証機構(JACO)
認定機関:日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)、英国認定機関(UKAS)

ISO27001

事業継続マネジメントシステム(BCMS)

BCMS基本方針

株式会社 日立製作所 情報・通信システム社 クラウドサービス事業部では、クラウド事業、ITマネジメント事業、BPO事業、データセンタ事業を主な業務としている。
これらの事業が中断した場合、お客様の事業も中断させることになり、お客様の信頼を大きく失う要因となる。日本では地震、火災、パンデミック、IT障害等の災害・障害が相次いでおり、これらリスクへの対応として事業継続へのマネジメントシステムを構築することは、お客様との永続的な信頼関係を築き安定したサービスを提供する上で極めて重要である。
本BCMS基本方針は、クラウドサービス事業部での事業継続マネジメントに対する基本的な方針を示す。本組織において、事業継続マネジメントの重要性を認識し、本基本方針に基づいた、計画(Plan)・実行(Do)・点検(Check)・処置(Act)の一連のサイクルによるBCMSを実行することを要求する。本基本方針は定期的なレビューを行うとともに、環境等の変化に応じて随時見直しを図っていく。

1.目的

本BCMS基本方針は、災害・障害等の緊急事態によりクラウドサービス事業部の事業が中断した場合であっても、あらかじめ定めた方法によって、あらかじめ定めた時間内に組織として操業を復旧することで事業の永続的かつ安定的な運営を行うことを目的とする。

2.事業継続マネジメント活動の方針

優先して復旧・継続すべき中核事業を明確にし、中核事業が目標時間内に操業を復旧するよう緊急事態発生時の体制・対応手順を定め、事業継続マネジメントの確実な実施及び継続的改善に努める。尚、事業継続マネジメントの策定・運用に際しては次の事柄を重視する。

  • 生命の安全及び二次災害の防止
  • BCMSへの取組みの周知と参画意識の維持・浸透
  • 定期的なBCMS演習による対応能力の維持・向上

BCMS認証登録事業者情報(2014年3月現在)

事業者名称: 株式会社 日立製作所
事業者部門名称:クラウドサービス事業部
登録範囲:クラウド事業、データセンタ事業、BPO事業、ITマネジメント事業
認証基準:ISO22301:2012・JIS Q 22301:2013
初回登録日:2010年8月20日
認証登録番号:BC10J0001
認証機関:日本環境認証機構(JACO)
認定機関:日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)

BCMSシンボル

ITサービスマネジメントシステム(ITSMS)

ITSMS基本方針

株式会社 日立製作所 情報・通信システム社のクラウドサービス事業部および金融システム事業部(以下、当組織という)は、総合的なITサービスをお客様に提供している。ITサービスは当組織の中核的な事業であるとともに、その情報システムは重要な社会インフラとなっている。このことから、当組織のITサービス管理の基本方針を定め、勤務者に周知するとともに、当組織が取り扱うITサービスに対し、サービス品質の継続的改善と効率向上を図るため、ITサービス・マネジメント・システム(ITSMS)を確立し、お客様との永続的な信頼関係を築いていく。

1.ITSMSへの取組み

当組織は、以下の行動指針に基づき、ITSMSに取組む。

  • お客様の真の要求を理解し常にサービスの改善に努め、信頼されるビジネスパートナーになる。
  • 日立グループの総合力と実業での経験を活用し、日立ならではの魅力あるサービスをタイムリーに提供する。
  • サービスの可視化・標準化を推進し品質確保、効率向上を達成する。
  • 基本動作を徹底し安心安全なサービス提供を実現する。

2.ITサービス管理の徹底

当組織は、ITサービスを重要事業として営んでいることを踏まえ、高い機密性と完全性及び可用性を含む、お客様と合意した品質のITサービスを提供し、またその改善を続けるために、ITサービスの管理を徹底する。

[主なサービス管理方針]

  • SLAの締結と遵守
  • 承認にもとづくサービス行為の実施と記録
  • 情報セキュリティの維持・改善

ITSMS認証登録事業者情報(2014年3月現在)

事業者名称: 株式会社 日立製作所
事業者部門名称:クラウドサービス事業部、金融システム事業部 金融システムソリーション本部
認証基準:ISO/IEC 20000-1:2011・JIS Q 20000-1:2012
初回登録日:2008年3月14日
認証登録番号:TC07J0003
認証機関:日本環境認証機構(JACO)
認定機関:日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)

ISO20000