ページの本文へ

Hitachi

IoT/M2Mソリューション

適用例

  • 鉄道分野の適用例を見る
  • 公共分野の適用例を見る
  • 製造分野の適用例を見る
  • 医療分野の適用例を見る
  • 物流分野の適用例を見る
  • エネルギー分野の適用例を見る
  • 農業分野の適用例を見る

[鉄道]沿線モニタリング

沿線設備の状態を効率的に把握し、メンテナンスコストを削減

顧客課題

  • 沿線設備監視メンテナンスのコストを削減したい
  • 沿線設備が破損する前に兆候を察知し、計画的に補修したい

解決策

  • 沿線設備に太陽光発電型センサーノードを設置し、営業車や列車の走行時にデータを収集
  • 最新の設備状態を見える化

沿線モニタリングの図

導入効果 メンテナンスコストを削減し、計画的な補修で列車の安全運行を確保

[公共]建造物傾斜モニタリング

基地局や電柱などの維持管理と、災害時の健全性評価を効率化

顧客課題

  • 基地局や電柱、アンテナなどの構造物の老朽化に伴う現状把握を、効率的に実施したい
  • 効率的なメンテナンス計画を立案したい

解決策

  • 定常的なモニタリングの実施
  • データ分析による最適な補修時期の判断

建造物傾斜モニタリングの図

導入効果 現状把握を容易化し、メンテナンス工数とライフサイクルコストを削減

[製造]食品衛生管理

HACCP 対応モニタリングにより、確実な衛生管理を実現

顧客課題

  • HACCP*1 やISO22000*2 を遵守し、衛生管理品質を向上させたい
  • 温度や湿度、パーティクルの計測・記録を徹底化したい

解決策

  • センサーを設置し、温度や湿度、パーティクルを自動でリアルタイム計測・収集、記録

食品衛生管理の図

導入効果 メンテナンスコストを削減し、計画的な補修で列車の安全運行を確保

*1
HACCP:Hazard Analysis and Critical Control Point(食品を製造する際の安全を確保する管理手法)
*2
ISO22000:HACCPの食品衛生管理手法をもとに、消費者への安全な食品提供を可能にする食品安全マネジメントシステム(FSMS)の国際規格。

[製造]SaaS型 機器ライフサイクル支援サービス

機器の情報をグローバルに管理・共有し、競争力を強化

顧客課題

  • 機器のライフサイクルにわたる情報をグローバルに管理し、競争力を向上させたい

解決策

  • IoT/M2Mを活用して、遠隔地の稼働データや現場データを収集
  • クラウドサービス「Global e-Service on TWX-21」で機器情報を収集・分析し、業務間や販社などとも情報共有

機器ライフサイクル管理サービスの図

導入効果 タイムリーな保守でアフターマーケットを収益化。市場分析で商品力を向上

さらに詳しく

[医療]ヘルスケアサービス

モバイル網を活用した地域医療の充実化で、高齢化社会に対応

顧客課題

  • 超高齢化社会に対応した効率的な医療を提供したい
  • ITを活用した健康増進を図りたい

解決策

  • 大容量データ伝送による、リアルタイムな医療・健康情報の蓄積と分析
  • 通信機能を備える携帯機器と連携した、医療支援の実施

ヘルスケアサービスの図

導入効果 予防医療や先制医療を支援。医療費の削減や、医療人材の不足にも対応

[物流]冷凍輸送車向け温度管理システム

温度管理のトレーサビリティにより、輸送品質を確保

顧客課題

  • 集荷から配達まで、徹底した温度管理を行いたい
  • 輸送品質の確保により他社と差別化し、売り上げを拡大したい

解決策

  • 輸送する箱にセンサーノードを搭載し、温度、湿度のデータを常時収集

冷凍輸送車向け温度管理システムの図

導入効果 輸送品質の確保で、お客さま満足度が向上。問題発生時の原因把握も可能に

[エネルギー]統合エネルギー・設備管理サービス

各拠点の使用電力の見える化で、省エネルギー化を実現

顧客課題

  • 使用電力が50kW を超える工場、オフィス、店舗、病院などをまとめて管理したい

解決策

  • エネルギーと設備稼働状況の見える化・制御

統合エネルギー・設備管理サービスの図

導入効果 多拠点管理により、省エネルギー化を実現。業務効率と事業継続性を向上

さらに詳しく

[農業]農業ICT

環境センサーによる農場監視で経験値をデータ化し、生産性を向上

顧客課題

  • 需要予測に応じ、日照量、雨量、土壌状態などを見ながら生産調整をすることで、売り上げを拡大したい

解決策

  • 環境情報の遠隔監視と、生産設備の遠隔自動操作
  • 流通と連携し、販売計画、生産計画をリアルタイム管理

農業ICTの図

導入効果 経験値のデータ化により、だれでも同じように生産が可能に