ページの本文へ

インフラシステム:日立

Hitachi

スマートグリッドとは、低炭素社会の実現に向け、最新のITを駆使し、電力消費と発電の状態を把握することで、今後、EV/PHEVなどの「需要側」と風力発電などの「供給側」の不安定化が進展しても、双方のバランスを取りながらフレキシブルに電力の流れを制御する次世代電力網のコンセプトです。

日立が推進するスマートグリッド

日立は、自動検針(Advanced Metering Infrastructure)向けの通信技術や、出力の不安定な再生可能エネルギー電源が増加した際に課題となる電力系統に及ぼす影響を抑える系統安定化技術など、スマートグリッドで必要となる情報・通信技術や制御技術を多く有しており、情報・通信と電力・電機の両分野で強みを持つ、日立の独自性を生かしたスマートグリッド関連システムの開発・提供を進めていきます。

スマートグリッド:図説

太陽光・風力・蓄電池PCS AMI、MDMシステム HEMS、デマンドサイドマネジメント 蓄電池システム HVDC(高圧直流送電) STATCOM(無効電力補償装置) EV充電管理システム DMS(配電系統安定化ソリューション)
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。