ページの本文へ

Hitachi

水環境ソリューション

汚泥の堆積状況に合わせて効率的なかき寄せが行えます。

概要

汚泥をかき寄せるスクレーパを備えた走行台車をステンレス製ロープで牽引し、往復運動させることによって汚泥をかき寄せる装置です。

特長

  1. 水中部に点検部品が少なく維持管理作業を軽減
  2. 池幅の大きな池にも適用可能
  3. 汚泥量に応じて運転工程の変更が可能

(当社比)

システム・装置の構成

走行レール上に、可動式スクレーパを懸架した走行台車を設け、地上に設置した駆動装置によりワイヤーロープを介して牽引しスラッジをかき寄せます。
沈殿池内の汚泥の堆積状況に応じて、かき寄せ距離・速度を任意に設定できるため、効率的な運転が行えます。


構造概念図(例:2連1駆動)


水中ロープ牽引式汚泥かき寄せ機


汚泥堆積状況に応じた運転工程例

適用分野

  • 浄水場向け沈殿池