ページの本文へ

Hitachi

水環境ソリューション

安全性向上で環境に配慮した消毒設備です。

概要

細菌やウイルスなどに数秒間照射するだけで効率的に殺菌でき、有害物質を生成する心配のない、人と環境に配慮した殺菌装置です。

殺菌原理

紫外線は光の一種で、200〜400nmの波長をもっています。この紫外線の中でも、253.7nmの波長が細菌やウイルスなどのDNAに最も吸収されやすく、吸収された紫外線が生命維持と遺伝情報の伝達に必要なDNAを破壊し、再生を妨害したり、細菌などの活動を停止させ、死滅させます。

画像:殺菌原理 図と説明

特長

  1. 安全性が高く、環境に配慮した消毒設備
  2. 短時間処理で省スペース化が可能
  3. シンプルな装置構造で取り扱いやメンテナンスも容易
  4. 紫外線はすべての生物がもつDNAに効力を発揮するので、大腸菌をはじめ一般細菌やカビ、酵母、ウイルスなどさまざまな菌に有効

(当社比)

システム・装置概要

UVランプを使用した紫外線減菌装置です。

写真:浸漬型紫外線減菌装置
浸漬型紫外線減菌装置

写真:流通型紫外線減菌装置
流通型紫外線減菌装置

適用分野

  • 消毒設備