ページの本文へ

Hitachi

水環境ソリューション

2017年10月19日 地ごしらえ活動

森づくりの一環で「地ごしらえ活動」を実施し、水ビジネスユニットなどから社員21名が参加しました。当日はあいにくの雨で、予定していた作業が十分にはできませんでしたが、現地で東京都水道局の職員の方から、110年以上にわたる森づくりの歴史やその方法、さらには四季折々の状況を教えていただくなど、水源や森林など、環境について深く知る機会となりました。
作業後は、「奥多摩 水と緑のふれあい館」と「小河内ダム」(いずれも東京都奥多摩町)を見学し、東京都の水源やダムの仕組みなどを学びました。
次回の活動は来春を予定しています。


雨の中、「きのぽん水源の森」へ向かう参加者


東京都水道局の方によるお話


枝を拾い集め、地ごしらえ作業を体験


参加者一同 看板を囲んで記念撮影


「奥多摩 水と緑のふれあい館」に展示されているサイネージ


昭和32年に完成した「小河内ダム」の堤体

2017年10月3日 看板を設置しました

「きのぽん水源の森」現地にて、看板の設置工事を完了しました。
10月に入り、平地でも秋めいてきましたが、現地は本州でも有数の高温エリアということもあり、日差しがある所では汗ばむ気候でした。
前日に雨が降ったことで、潤った草木に太陽が当たって、キラキラと輝く光景を目にすると、自然豊かなこの森を守っていきたいという意識が高まりました。
次回の活動は、社員による「森づくり(地ごしらえ)」を予定しています。


看板全体像


看板面


林道脇の苔

2017年6月18日 「みんなでつくる水源の森」イベントに参加

JR新宿駅西口広場で開催された「みんなでつくる水源の森イベント」に参加しました。会場では、東京都水道局による、水源林の重要性を伝える体験型のスタンプラリーなどのほか、本活動の関係企業もそれぞれのブースで事業活動などを紹介しました。通りがかった一般の方々が多数訪れ、終日大にぎわいとなりました。
当社は、水環境ソリューション事業全般を描いた大きなイラスト入りバナーを使って水事業の取り組みを紹介し、子どもたちにはパソコンに表示した「日立キッズサイト」で水の大切さを学んでもらうなど、多くの方々と会話することができました。


ビッグバナーを掲示


大勢の人でにぎわう会場

2017年6月3日 「東京水道〜企業の森」協定に調印

東京都水道局多摩水道改革推進本部庁舎で、「『東京水道〜企業の森(ネーミングライツ)協定』及び『大学との共同研究に関する契約』調印式」が行われ、参画する企業6社と大学2校の代表者が出席しました。当社社会システム営業本部長の植田が、東京都水道局長の醍醐様と協定書を交わし、正式に活動への参画が決まりました。


調印式で協定書を交わす様子
(水道局長 醍醐様(左)と当社植田)