ページの本文へ

Hitachi

水環境ソリューション

水道施設の理想的な運用とは?

「基本要件」を満足しつつ「省エネ」と「安定供給」を考慮した運用が理想的な運用です。

システム概要

水運用計画立案システムは、気温・天候・曜日などから水需要の予測を行い取水、送水の運用計画を立案するシステムです。

主なメリット

  • 配水池の活用で安定した水供給が可能になります。
  • 気温・天候・曜日などから1日の需要量が予測できます。
  • 取水〜配水まで施設全体を省エネ化します。

主な特長

水需要の予測機能

オペレータが気温・天候・曜日などの情報を入力することで、統計解析計算により1日の水需要を予測できます。統計解析計算に使用するパラメータは毎日自動更新するため、経年変化にも対応することができます。

24時間運用計画の立案

取水・送水全体のバランスを考慮しながら、運転制約、施設条件を満たした24時間分の運用計画をポンプ施設、浄水場単位に一括で立案します。運用計画立案のノウハウをシステムに集約することができます。

電力ピークカット・シフトを支援

取水・送水全体の電力ピークカット・シフトを実現する運用計画の立案を支援します。配水池の水位バッファを活用しながら、契約電力やネガワット取引契約の条件を達成する、取水・送水ポンプの運用計画を立案できます。また、配水池の水位低下に備え、安定供給に対するリスク評価を行います。

システム構成

クライアント・サーバ型から他社設備との接続まで、柔軟に対応いたします。

ケース1:
クライアント・サーバ同一端末型

ケース2:
クライアント・サーバ個別端末型

ケース3:
他社設備と容易に接続

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。