ページの本文へ

Hitachi

水環境ソリューション

自動運転のための特別な動力源や、タイマー・水位計などを設置することなく、汚泥かき寄せ機の動力を利用して、自動的にスカムを除去します。

概要

汚泥かき寄せ機のフライトにストライカを取り付け、フライトの運行とともに移動するストライカが駆動レバーを押し込むことにより、リンク機構を介してパイプスキマ本体を回転させます。

特長

  1. 動力源が不要
  2. 流入水量が最小限
  3. 自動逆転・手動運転も可能
  4. 二階層沈殿池にも設置可能
  5. コンスタントなスカム除去

(当社比)

システム・装置概要

汚泥かき寄せ機のフライトの動きを利用し、リンク機構を介してパイプスキマ本体を回転させるので、動力源が不要です。パイプスキマ本体の両端はローラ式軸受で支持しており、回転抵抗が少なく、汚泥かき寄せ機の動力に与える影響はほとんどありません。


構造概念図

写真:無動力式自動スカムスキマ
無動力式自動スカムスキマ

適用分野

  • 最初、最終沈殿池