ページの本文へ

Hitachi

水環境ソリューション

概要

新規開発したマルチセンシングBOXにより、地下空間を見える化し、浸水対策やインフラ老朽化対策など、これからの下水道事業に貢献します。

特長

  1. 下水の見える化
    これまで管理が困難であった地下の下水道環境を把握
  2. 広域に管理
    下水道光ファイバーネットワークと接続することにより、広域多点の管理が可能
  3. 目的に応じた測定
    分水人孔における越流水など実際の下水の流れや硫化水素、不明水の発生状況などの目的に応じて測定項目を変更可能

システム概要

広域管理センターの制御用PCで遠方からコントロールするため、管路内の状況に応じて測定頻度の変更が可能。

本技術は、東京都下水道サービス(株)・(一社)日本下水道光ファイバー技術協会からの委託調査で開発されたものです。