ページの本文へ

Hitachi

水環境ソリューション

O&M支援デジタルソリューションの概念図

長年の経験とノウハウに裏打ちされた品質の高い設備関連技術とITの融合による、日立のO&M*支援デジタルソリューションが水道事業の経営課題の解決を支援します。

設備台帳

水道法改正に伴う水道事業者さまの台帳整備、施設の点検・維持・修繕、アセットマネジメント業務に対し、O&M支援デジタルソリューションで支援します。

*
O&M:Operaiton&Maintenance(運用・保全)

水道法改正のポイント・・・適切な資産管理の推進

  1. 台帳整備

    適切な資産管理の前提となる水道施設の台帳整備などの義務付け

  2. 施設の点検・維持・修繕

    水道施設の更新や耐震化を着実に進展させ、地震などの災害に強い水道を構築

  3. 水道施設の更新に要する費用を含む見通し作成

    水道施設の更新に要する費用を含めて事業の収支見通しを作成し、長期的な観点から水道施設の計画的更新に努める義務の創設により、必要な財源を確保

ソリューション概要

1. 設備台帳

設備台帳を基準に、保全の計画・実行、故障履歴を一元管理。一元管理されたデータの活用により、設備保全を効率化します。

設備台帳

2. 業務ナビゲーション

AR技術を活用し、音声、文字、動画、画像により手順を表示。頻度が少ない作業の確実な遂行を支援します。

業務ナビゲーション

3. モバイル点検端末による保全業務支援

画面上に実施内容や結果判断を明示。
電子マニュアル化による確実な業務遂行と技術継承を支援します。

モバイル点検端末による保全業務支援

4. カメラ付HMD活用による遠隔作業支援

タブレットやヘッドマウントディスプレイを活用し映像・音声を共有。各現場と双方向通信し、遠隔指示を支援します。

カメラ付HMD活用による遠隔作業支援

5. 設備状態診断:正常状態カテゴリからの逸脱を検知

設備が正常状態からの逸脱を検知します。

設備状態診断:正常状態カテゴリからの逸脱を検知

6. プラント運転支援:ノウハウ抽出型運転支援

運用実績データから強化学習を用い、運用制約を抽出。熟練者と同等の計画を立案し、運転ガイダンスを出力。技術継承の課題やオペレーター不足時の運転管理支援に寄与します。

プラント運転支援:ノウハウ抽出型運転支援

7. プラント運転支援:水質などの状態予測(開発中)

浄水場の実績データと気象情報などのオープンデータを活用。
プラントモデル(AI、統計解析)により将来の状態を推定し、技術継承の課題や高度な運用に寄与します。

プラント運転支援:水質等の状態予測