ページの本文へ

Hitachi

水環境ソリューション

概要

高騒音下音声入力技術をコアとした点検支援システムにより、下水道設備のより良い維持管理の実現に貢献します。

特長

  1. 効率的かつ確実な点検を支援
    現場での確実な入力と転記作業の削減により、効率的かつ確実な点検を実現
  2. 安全性向上
    音声操作・音声入力により、点検時の両手塞がりが解消され、安全性が向上
  3. 現場観察へ専念することができ、点検のレベルアップ
    音声による自然な入力で本来の点検業務に集中することができ、周囲への注意喚起を実現

システム概要

事務所PC上で点検項目を設定し、タブレット端末内の電子点検表に反映。
音声入力による点検、実施後は、点検結果の保存および帳票を出力。

システム構成

高騒音下音声入力技術

  • 高騒音に強い声帯マイクと声帯マイク用個人音響モデルを実装。
  • 遠心脱水機やガスタービンなどの高騒音環境下での入力が可能。
    105 dBAの高い騒音レベルでも入力を確認。
  • 地下や建屋など無線ネットワークが利用できない環境を想定し、タブレット端末での高速認識処理を実現。


高騒音を発する設備(80 dBA程度〜の環境騒音)

本技術は、東京都下水道サービス(株)との共同研究「ハンズフリー点検システムの開発に関する共同研究」の一環で開発されたものです。