ページの本文へ

Hitachi

ビルファシリティマネジメント

より快適でスマートに、そして何より安全に。「できたらいいな」を実現しました。

広がる便利機能

エレベーター呼び

エレベーター呼び

エントランスホール通過時、タグを認証しエレベーターを呼びます。高層、低層などの区別がある場合は該当のエレベーターのみを呼びます。

エレベーター行き先ボタン制御

エレベーター行き先ボタン制御

エレベーターホール入口通過時にタグを認証することで居住階のボタンだけが一定時間押せるようになります。
これにより不審者が入館してしまっても居住階への移動を制限できます。
ボタン押下前に一定時間(標準3分設定)経過し再び制御が掛かった場合はエレベーターカゴ内に設置したICチップリーダーにタグをかざすことで再度ボタンが押せるようになります。

共用施設予約連動

共用施設予約連動

共用施設予約システムと連動し、予約した施設について予約者は予約した時間帯のみタグでドアを開錠出来ます。(ハンズフリー機能もしくはICチップによる電気錠開錠)

宅配BOX

宅配BOX

エントランスホールを通過時に宅配が着荷していればチャイムでお知らせします。
宅配BOXに備え付けのリーダーにタグをかざすことで該当BOXの扉をオープンします。

立体駐車場制御

立体駐車場制御

操作盤のリーダーにタグをかざすことで所有する車を呼び出します。

車両ゲート

車両ゲート

ダッシュボードにタグを入れておくだけで車両を検知しカーゲートをオープンします。
右・左ハンドルに関わらず、一旦静止をせずに徐行スピードでゲートをオープンします。

メール送信

メール送信

居住者がエントランスホールを通過したことを登録先にメールで通知します。

例:児童が帰宅したとき、徘徊者が外出したときなど

設備機器のメーカーや機種によって連動できない場合があります。