ページの本文へ

Hitachi

「コージェネ大賞」 の概要

一般財団法人 コージェネレーション・エネルギー高度利用センター(コージェネ財団)では、新規・先導性、新規技術、省エネルギー性等において優れたコージェネを表彰することにより、コージェネの社会的認知を図るとともに、より優れたコージェネの普及促進につなげることを目的に表彰制度(名称:コージェネ大賞)を実施しています。
平成27年度は、民生用部門5件、産業用部門5件、技術開発部門4件の合計14件の受賞案件が決定いたしました。

産業用部門 「特別賞」 受賞内容

このたび、「平成27年度 コージェネ大賞」において、群栄化学工業株式会社殿と日立製作所 の「製造過程への低温排熱活用により年間総合効率向上を追求したSMART ESCO事業」が 産業用部門「特別賞」を受賞いたしました。

受賞事業名称:
「製造過程への低温排熱活用により年間総合効率向上を追求したSMART ESCO事業」

受賞概要:
群栄化学工業株式会社 群馬工場殿のコージェネ導入にあたっては、電力・蒸気それぞれのデータ分析を行い、最も効率良く運転できる自家発比率を見い出し、リスク分散も考慮した上で930kW×2台を選定。ガスエンジン排熱は蒸気・温水として取り出し、蒸気は既設ボイラーの代替として、温水は製品生産ラインへダイレクトで供給するプレヒーティングとして導入しました。
その結果、年間を通じて排熱が無駄なく有効活用できるようエネルギーシステムを構築し、年間総合効率70%超を達成、省エネルギー化が図れました。
また、高効率ガスエンジンコージェネは、ESCO方式(補助金付)で導入しました。

ESCO:Energy Service Company

コージェネ大賞 2015 特別賞