ページの本文へ

Hitachi

ビルファシリティマネジメント

製品分野や事業戦略に応じて設備環境が構築されている工場では、省エネ対策に高度な技術とノウハウが必要とされます。日立は、メーカーとして自社およびグループ企業の工場や事業所のエネルギー利用効率向上、環境負荷削減、コスト削減に取り組んできたノウハウを活かし、お客さまが現状の課題や検討項目をクリアするお手伝いをします。省エネに関連するお悩みがありましたら、担当部門までぜひご相談ください。

製品・システム

お客さまの省エネニーズに合わせて提供する多彩な製品・システムをご紹介します。

ソリューション事例

工場の省エネに関する事例をご紹介します。

電力料金値上げへの対応/省エネ法改正などの対応支援

現状把握から詳細な分析、最新の省エネ型設備導入などを通じ、さらなる電力使用量の削減を支援します。日立は省エネのPDCAサイクルをトータルにサポートするソリューションを提供しており、お客さまが課題と感じるポイントから最適な対策をご提案します。

デマンドコントロールなどに対応したエネルギーマネジメント

電力事情に応じたデマンドコントロールやピークカット、さらには将来のネガワット取り引きへの対応を実現するために、エネルギー使用量の見える化、デマンド制御などIT技術と分散電源ノウハウを組み合わせエネルギーマネジメントをサポートしていきます。

廃熱の有効活用

工場内に眠る廃熱を有効活用することで、省エネが図れます。
お客さまとともに、廃熱の有効活用を検討し、省エネの実現に向けて支援します。

初期投資の軽減

日立は省エネをサービスとして提供するESCO事業に日本で早い時期から参画しています。初期投資不要、省エネを保証するESCO事業を活用し、さまざまなノウハウを活かしながらお客さまの省エネ対策を支援します。

BCP(事業継続計画)対策としての設備投資

予備系統の確保と最適稼働を両立する設備システム、災害時に効果を発揮する創エネ・蓄電エネ設備(分散電源)を連動させた方法など新しいアプローチを支援します。