本文へジャンプ

ビルファシリティマネジメント

Hitachi

ESCO事業とは、Energy Service Companyの略で、70年代に欧米で始まった「省エネルギーサービス事業」のことです。 省エネに関する包括的サービスを提供し、改修に必要な経費をエネルギー削減から賄うことで、お客さまにかかる初期投資の負担やリスクを軽減します。
日本では1996年より急激にESCO事業が注目され、さまざまな分野の企業が採用、省エネ対策の普及で大きな成果を上げています。 日立グループでは、1999年4月よりESCO事業をスタート。病院・工場・研究施設など幅広い分野で多くの実績があります。

ESCO事業の概要とメリット

ESCO事業契約方法

ESCO事業導入プロセス

工場のESCO事業事例

画像:群栄化学工業株式会社高崎事業所殿

工場内に眠る未利用エネルギーを活用し、大幅なエネルギー削減を達成。

ビル・施設のESCO事業事例

画像:社会福祉法人 恩賜財団済生会 福井県済生会病院殿

高効率システムの組み合わせで、エネルギーコストを削減。