ページの本文へ

Hitachi

BCP対策用電力自動制御システム「TRAMSBOARD(トラムスボード)」

既設の電源インフラを最大限に活用したBCPシステム

火災を伴わない停電時に既存の非常用発電機*1 で使われていない余剰電力に着目し、さらに既存の幹線を使って建物利用者へ電力供給するシステムを開発。より少ないコストでの電力BCP対策を可能にしました。

  1. 既存の発電機と幹線を有効活用。監視制御装置とBCP用分電盤の追加で導入できる。
  2. 必要なスペースは少なく。工期も短く。
  3. 既存設備を有効活用してトータルコストを抑えられる。
  4. 停電時には電力の配分を最適化。自動的に機能するから建物管理者にも安心。
*1
長時間型